まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

先祖返り?。

ローズフェア初日。

澄み切った抜けるような青空、透明な乾いた空気、穏やかな天気の1日でした。

沢山のお客様でにぎわいました。

明日も穏やかな1日になりそうです。

 

Garden Diary Vol.2

今年春に創刊されたガーデンダイアリー。

サブタイトルは「バラと暮らせば人生は倍楽しい」。

なんといい言葉でしょう。

玉置さん、小山内さん、河合さん、木村さんら豪華メンバーのバラコラム。

女性の目線でとらえたバラの庭の紹介など。

そして今回は「お庭の幸せの作り方」と題して8つのバラの庭も紹介されています。

DCS_7903

バラのある庭つくりのバイブルになる一冊です。


さて、このバラは?

下についているラベルを見てください。

「ウィンチェスター・キャセドラル」というイングリッシュローズのタグが。

このバラ、実は左側に咲いている「メアリーローズ」というバラの枝変わりなんです。

左側の枝だけ先祖返り(性質や花色などが元の品種に戻ること)したようです。

DCS_7952

交配によって品種改良されたバラと違って、枝変わり品種にはよくあることです。

お得な感じがしますね。

DCS_7953

でも注意してください。

やはり元の品種は性質が強くてこのまま放っておくと元の品種に戻ることがあります。

出来れば、切り取って品種を守るようにしましょう。


デルバール

ギィ・サボワ

直立樹形の中形シュラブローズです。

秋に強く剪定したり肥料が多すぎると秋の花が少なくなります。

DCS_8031

 

エーデルワイス

1970年とかなり古くから愛されている白バラです。

クリームホワイトの花は響きの良い名前と合わせて、一昔とてもはやりました。

半横張り樹形でコンパクトな四季咲き性中輪房咲きです。

DCS_8082

 

ギヨ

ベル・デスピヌーズ

赤ワインのような渋い絞り咲き。甘いティの香りが強い中輪花です。

棘のほとんどない直立樹形の返り咲きです。(個人的には四季咲きではと。)

DCS_8063

 

バラの家・木村さんの

シューラ・ネージュ

香りの良いやや大きめの花は整った花形です。

半横張り樹形の四季咲き性で細い枝にもとてもよく花が咲きます。

かなり完成された白花では?

DCS_8138

 

河合伸志さんのバラ。

ベルベティ・トワイライト

「妖艶」という言葉を思いい浮かべてしまうようなエキゾチックな花。

棘の少ない直立樹形、ダマスクの香り強く、豪華な花は房咲きに。

DCS_8071

 

ピータービールズ

リアチュチュ

見事な山吹色で中心にグリーンアイが。

細長い棘がまばらにつく細枝の横張樹形。

葉も小さくてコンパクトなので鉢植に向きます。

香りも甘いティの香りが強く香る。

初心者向きです。

DCS_8086

 

フランス・オラール

シャトー・ドゥ・バニョール

四季咲き性中輪房咲き品種。

横張樹形なので花壇の前などに向いているようです。

セミダブルはいくつか育ててほしい花形です。夜には花粉を守るため花が閉じます。

DCS_8046

 

河本純子さん。

ガブブリエル

河本さんのバラの中で最も愛されているバラです。

神秘的なグレーパープルは写したままです、全く加工していません。

バラ栽培に慣れてこられたら是非育てていただきたい品種です。

DCS_8133

 

河本純子さん。

ミスティ・パープル

ブルーティの香り、棘の少ない細立の枝は直立にすらっと伸びます。

DCS_8135

 

明日は兵庫県の老舗「陽春園植物場」へお邪魔します。

午後2時からバラについて1時間ほど少しお話をさせていただきます。

スポンサーサイト
  1. 2014/10/18(土) 17:56:10|
  2. 秋のローズフェア