まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

クリスマスローズ ニゲル

DSC_1294DSC_1349

寂しげな冬のお庭を明るく彩る「クリスマスローズ」

カラフルな花色や豪華な花形で人気ですが

他の品種より 一足お先に、清楚な純白の花を

横向きに咲かせる「ニゲル」

ヨーロッパではこの品種のみを「クリスマスローズ」と呼び親しまれています。

(ちなみに他の品種はヘレボルスと呼んでいます)

葉は肉厚で常緑。 花は純白で黄色いシベとのコントラストも良く

管理もし易く育てやすい品種なので大変人気があります。

クリスマスローズには 有茎種(ユウケイシュ:花は伸びあがった茎の先端部分に咲かせるタイプ)

と無茎種(ムケイシュ:葉と花は地際から別々に出てくるタイプ)の2種類ありますが、

有茎種に分類される「ニゲル」。

有茎種とは言いますが、先日ご紹介のアウグチフォリウスのように

しっかりした茎があるタイプではなく、見た感じは無茎種の品種のように見えます。

ニゲルのほかにも「ノイガー」「ニガー」などとも呼ばれていますが、

根が黒い事に由来しているそうですが、見た感じ根もそれほど黒い! とは感じません。

普通に見えますヨ・・・

でも「ニゲル」の最大の特徴は花を包んでいる苞葉(ほうよう)が無い事です。

_DSC9946

地際から白色の蕾を持った花茎が伸び始める様子は

「花が傷んでしまわないかなぁ?」とちょっと心配してしまいます。

花も咲き進んでくると花弁がピンク色に色づくところも特徴で、

永く花をつけておいても見た目が悪くならず長く楽しめます。

こんな長く楽しめる「ニゲル」ですが品種改良により特徴のある品種が

たくさん生まれています。


「ジョシュア」

_DSC9913

_DSC9918

ドイツで交配された品種です。

コンパクトな草姿ですが花茎が長く伸び、こんもり茂った葉の上で

たくさんの花が咲く品種です。

中輪の大きさですが花数は多く、花と葉の両方を楽しむことが出来ます。

管理もしやすく、年々株が大きくなり毎年花を楽しむことが出来ます。


「パウロ」

_DSC9936

_DSC9938

とっても花数が多く咲く品種。

花で株がおおわれるくらいに咲き誇ります。

こちらも 育てやすく扱いやすい。

大きめの花がたくさん咲く 素敵なおすすめ品種です。


「ゴールドマリー」

_DSC9925

_DSC9929

_DSC9927

大変豪華な花型の品種です。

コンパクトな草姿で、バラ咲き?と言っても半八重ですが

花弁数が増えるだけでこんなにも豪華に見えるのかと再発見しました。


豪華でカラフルな開花株は1月から入荷が始まりますが

この時期に楽しめる「クリスマスローズ」のニゲル

一足お先に楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト
  1. 2014/12/07(日) 17:19:21|
  2. 未分類