まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

植え替え、用土について

先週の寒波で、すっかり冬の様相になってきましたね。

店頭のバラも枝葉の赤みが強く差し、株も冬支度の真っ最中

 

ご存じでしたか?

もみじの紅葉に代表される「植物が赤くなる現象」

これって実はアントシアニンなんです。

そう、ブルーベリーに多く含まれるというアレです。

DSC_0568

なぜ寒くなるとアントシアニンが出て赤くなるのか?

アントシアニンとは糖分の一種。

砂糖水は濃度によって零度以下でも凍りません。

ジュースを凍らせたときに、最初は甘みが強く、あとは水っぽくなりますよね?

糖質は後から凍って、先に溶けているからです。

 

植物も自身の中でアントシアニンを精製して寒さに備えています。

これが赤くなる原因。休んでいるように見えても生きているんだと感じさせられます。

 

 

これからのシーズンのバラの管理は「植え替え」「剪定」「施肥」の3つ。

どれも出来れば2月中ごろまでには終わらせておきたい作業です。

 

今日は植え替えについて。

地植えの場合は堆肥をプラスしてあげる程度でOKですが、

鉢植えはそうはいきません。

植木鉢での栽培は人間の都合で、植物の生育範囲を制限してしまっている状態ですので、

人がしっかりと手入れして、植物の生育にとって良い環境を作っていかなくてはいけません。

 

根は光にさらされたり、極度の乾燥を嫌うので、頻繁に様子を見ることは出来ません。

植え替えは年に一度の健康診断のようなもの。

根の状況から得ることも多くあります。

実際植え替えでコガネムシの幼虫などの甚大な被害に気付くことも多いのではないでしょうか?

 

よくある根の状態から解る症状としては

・根が黒っぽい

・あまり根が張っていない

・根がガチガチに回っていてほぐせない

などが良くある症状です。

 

・根が黒っぽい

これは通気性が悪かったり、水の抜けが悪いと良く出る症状です。

土は「団粒構造」といって、土同士の間に細かな空洞がある方が

呼吸がスムーズに行われて健康に育ちます。

もしほとんどの根が黒い場合、土を見直しても良いかもしれません。

 

・あまり根が張っていない

この原因は大きく二つ。

一つは葉のある時期に長期間病気を出して落葉している時期が長かった場合。

もう一つは水のやりすぎが考えられます。

根は水が無くなりかけて初めて水を求めて根を張ります。

病気で落葉してしまった場合、株が求める水分の量が激減しますので、

必然的に水が必要なくなって根の動きも悪くなります。出来るだけ病気を出さないよう注意しましょう。

水のやりすぎの場合、植物からすると「こんなに水が豊富にあるなら根を伸ばさなくてもいいや!」

となってしまい、これも発根が悪くなる症状の一つです。

よくあるのはすべての株を同じ頻度で水やりしてしまった時。

弱った株や樹勢の弱い品種は、水やりの頻度の様子を見てあげるようにしましょう。

土の表面の乾き具合だけでなく、鉢の重みをチェックするのも有効です。

 

・根がガチガチに回っていてほぐせない

これは逆に生育が良すぎる場合、または植え替えがご無沙汰だった場合に良くあります。

冬の葉の無い時期であれば多少根が切れてしまっても春の生育には大きく影響しませんので、

ちょっと無理やりにでも軽くほぐしてあげるようにしましょう。

 

まつおえんげいでも、根の健康=株の健康だと考えています。

しっかりと発根出来ていれば、病気が出てしまった時などのトラブルでも復活しやすくなりますし、

何より管理が多少雑になってしまっても弱りにくい株が出来てくれます。

 

ですので、根に直接触れる「土」には妥協しません。

ご存じの方も多いかと思いますが、まつおえんげいのバラをはじめとした「専用培養土」は

すべて店頭で手作りしています。

DSC_0552

土の細かい粒は全て古い落とし

DSC_0553

自社の土混ぜ機で配合します。

配合比率は門外不出。

一つ一つの材料にこだわったスペシャルなバラ専用培養土だと自負しています。

 DSC_0567

なぜ土にここまでこだわるのか?

問題は夏の暑さです。

梅雨の長雨から解放されたあと、9月ごろまで一滴の雨も降らないなんていうのも

もう珍しくないこの日本の気候は、植物にとってとんでもないストレスなんです。

皆さんのお手元に届いたあと、来年の生育まで考えるとこの土しかありません。

良ければぜひ一度試してみてください。

正直に言って、まつおえんげいの土は安くありません。

ですが、これまでの栽培のノウハウや知識、しっかりと育ってほしいという思いのこもった土です。

自信をもってオススメできます。

 

ネットショップからもご注文頂けます。

スポンサーサイト
  1. 2014/12/10(水) 17:00:03|
  2. 未分類