まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

バラのお手入れ

お昼は太陽が出ていたので少し ぽかぽか あたたかい日でした。

お庭に出て作業もし易い日ではなかったでしょうか!

まつおえんげいもこの秋入荷した2年生大苗のバラに肥料をやり始めています。

植え替えの時の元肥や寒肥といったものは、寒い時期でもありますし、

ついつい忘れがちの方もおられますが、休眠していた株がこれから最初の新しい芽を出してくれる

大切な肥料ですので大切です。

しっかり肥料が効いているからこそ元気なシュートを出してくれます。

私たちもおなかが減っていると力が出ないように、バラだってしっかり栄養補給してあげてくださいね

春からさいてくれる花いっぱいの姿を想像して♪ 


温室ではジュリアンやシクラメンが元気に咲いてくれています。

P1070455

寒さに強いのですが、1月、2月などは、軒下や室内の日のあたる場所で

管理されるとずっと美しい花が見られます。

肥料も忘れずに!

雪が積もったり、あまり霜にあたると花が傷んだり、花付がとまります。

今日もお客様が「シクラメンがこの間の雪でしわしわになってしまったの!」

とガッカリされていました。

でも もう少し暖かくなると 元気に復活しますよ。

京都は雪が降る日などは、数えるくらいしかないので、少しのお手間で株を守ることもできます。

すごく冷え込む日などは、軒下に移動したり

出来るならマルチングをするなどして株を守ってあげて下さいね。

スポンサーサイト
  1. 2015/01/10(土) 18:11:57|
  2. バラ