FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

セミナー 開催中

皆さんは 園芸セミナーを受講されたことがおありですか?

今まで 自分なりに理解していたこと 作業していたことに

疑問を感じた時 セミナーを受講されると ズバッと解決します。

今日は バラの冬季集中コース 「シュラブローズの剪定・誘引」でした。

_RST0841剪定前の状態。

園内にある「クレパスキュール」を皆さんで剪定です。

昨年 良く生育しましたので 枝がたくさん伸びております。

この春にもたくさんの花が見られるでしょう。

_RST0834

まずは暖かな室内で今までの復習とシュラブローズの説明から

さて、いよいよ雪の舞い散る さむ~い屋外で実際の作業の始まりです。

P1280009

まず 一通りの説明で どの枝に花が咲き、どの枝には咲かないのか

こんなところが 本等の解説だけでは わからない部分です。

しっかり質問して 解決しましょう。

P1280014

実際にハサミを入れてもらいます。

切ってみると 太さは同じくらいでも 堅かったり 柔らかかったり

なぜ 違いが出るのか? どのように判断して剪定するのか体験してもらいます。

このころになると寒さも忘れて 剪定に夢中におなっておられますね。

P1280023

誘引の開始です。

捌いた枝を 誘引し咲かせたい場所に花を咲かせる方法をご説明します。

ただ 剪定した枝を止めるだけでは 花はたくさん咲きますが

咲かせたい場所には咲きません。

咲かせたい場所に花を咲かせるために

誘引が一番重要な作業ですので特に念入りにお話しします。

_RST0845

かなりスッキリと枝を剪定ましたが 良い枝がたくさんありましたので

広い範囲に枝を誘引することが出来ました。

この春が楽しみです。

途中休憩をはさみながら 3時間余りの講習でした。

お疲れ様でした。


セミナー受講された方にお話をお伺いすると

「本を読んでも 理解はできるが 実際のバラを前にすると良くわからない」  

とおっしゃいます。 

実際の植物を前にし いろんなタイプの枝を見ることで 

本当の剪定の仕方が マスターすることが出来るようになります

まつおえんげいでは バラだけでなく クレマチスのセミナー

開催しております。

「クレマチスの冬の管理」では枯れてしまったように見える

クレマチスの冬の剪定・誘引の方法をご説明します。

31日の土曜日に開催です。

育て方に疑問がある方や これから育ててみようとお考えの方も

とってもわかり易い セミナーの受講をお勧めいたします。

ご参加お待ちしております。

スポンサーサイト



  1. 2015/01/28(水) 18:01:21|
  2. バラ