まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

うろたえるではありませんよ。

冬季集中コース

剪定「実技四季咲き性」の2日目。

奥は深いけれども、理論はツルバラもシュラブローズも四季咲き性もすべて同じ。

でも剪定をするのは皆さん1年に1回です。

なかなかたくさん経験するチャンスが無いので覚えるには大変ですね。

_RST1337

 

自宅の庭に咲いている「ロウバイ」

ロウバイ科 ロウバイ属 ロウバイ。

和名 ロウバイ

英名 Winters weet

中国名 蠟梅

中国原産の落葉低木で花は12月~2月に直径2センチの黄色い花をつけます。

日本には17世紀初頭に入ってきたとされています。

生け花やアレンジメントにもよく使われる。

この木は40年くらい経っています。

DCS_0425

 

梅のような花で蠟細工のような質感からこの名が。

DCS_0420

 

 

まつおえんげいの前身は以前にも書きましたが、切り花の生産者でした。

このロウバイも花木として市場などの出荷していた木です。

今はもっぱら鑑賞ですが。

低木なのであまり大きくならず剪定で大きさをコントロール出来ます。

病気にもほとんどならずローメンテナンスな花木です。

DCS_0426

そしてこの花の最大の魅力は

とても甘い香り!

それはそれはよい香りです。

DCS_0427

約2Mの鉢植えが入荷しました。

香りを楽しみに来てください。

品種は「満月ロウバイ」です。

蕾がびっしりついて今からが見ごろです。

8000円(税別)で販売しています。

DCS_0417

 

ハークネス

ルイザ・ストーン

DSC_0818

1997年作出のブッシュローズです。

甘いティーにアップルとオールドローズの混ざる香りがすがすがしい

半横張り樹形でコンパクト、病気にとても強いので

鉢植えで初心者にも最適です。

DSC_0108

 

 

季節や気温などの違いで、こんな表情や。

DCS_8281

 

こんな顔も見せてくれます。

DCS_7213

スポンサーサイト
  1. 2015/02/04(水) 17:54:53|
  2. バラ