FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

都会のオアシス。

行ってきました、日比谷公園。

都会の真ん中、皇居の隣にあります。

東京駅からすぐのところに広大な緑。

その中にある芝生広場のバラ園があります。

P2090085

 

日本の育種家コーナー。

木村卓功さんのロサ・オリエンティス

河本ローズ

京阪園芸F&Gローズが植えてあります。

P2090080

 

こちらはデルバールローズ。

P2090084

 

そしてここは、

ハークネスローズです。

P2090087

 

「日比谷ローズ」の方々がボランティアでバラ園を管理されています。

毎年、玉置さん、有島さん、大野さん、木村さんたちが剪定や植え替えなどのお手伝いをされています。

今回は私も参加させていただきました。

まずは傷んでいる苗の植え替えです。

植え替え方を有島先生が説明されて、

ボランティアの方々全員でされるのをお手伝いです。

20150209_133929

 

私はハークネスローズの担当でした。

植え替え後に、剪定、堆肥のマルチングを。

P2090103

New Roses Webの取材もありました。

しかしみなさん本当にボランティアで沢山のバラを管理されるのは本当に大変だと思います。

ご苦労様です。


今日お客様からお問い合わせがありました。

「今度の本には剪定するときの枝の見分け方が掲載されていますか?」と。

 

ブッシュローズもつるばらも

充実した枝の見分け方。

咲く枝の太さ。

つるのどの部分に咲くのか。

つるをどうすればよく咲くのか。

等を書いています。


出張や教室や

栽培本のチェックなどでまだまだ剪定できていないバラがあります。

今日は、グラハムトーマスとジェームズギャルウェイ

の剪定誘引をしました。

春にはこのようにきれいに咲くでしょう。

DSC_1514

写真は4月27日の3分咲き位の様子です。

 

グラハムトーマスは。大型のシュラブローズです。

大きく育つので、壁面や大きなフェンスなどで咲かせると見事です。

「はじめてでもきれいによく咲くバラづくり」では

バラを4つに分けて説明しています。

このバラはタイプ4になります。

 

ジェームズギャルウェイは

タイプ3で直立シュラブでよく返り咲きます。

花茎が長いので冬剪定で強めに切って大きさを整えましょう。

スポンサーサイト



  1. 2015/02/10(火) 18:28:07|
  2. バラ