FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

ローダンセマム

マーガレットに良く似ていますが、マーガレットより寒さに強く

春まで花が楽しめる多年草です。

_RST1798

細見のシルバーリーフで明るい草姿、花壇にも植え込むことが出来

お庭を 豪華に彩ってくれます。

寒さには強いのですが 夏の高温多湿は苦手です。

早めに 水はけのよい培養土{宿根草・花木の専用培養土)で植え替え

春まで花を楽しみ、梅雨の間は軒下で管理します。

夏は生育が止まりますので、風通しの良い涼しい場所で管理します。

9月中旬に地上部を半分くらい刈り込むと、秋にも花を見ることが出来ます。

_RST1800_RST1799_RST1804

この時期に出回る開花株は、施設で開花調整をした株ですので霜には直接当てずに

日当たりのよい軒下で管理するほうが良いでしょう。


ペラルゴニューム「エンジェルアイズ」

_RST1805

小型でゼラニュームを小型にしたような草姿で春までたくさんの花を咲かせてくれます。

この時期に 寄せ植えなどで使うと春まで明るい黄緑色の葉と

_RST1809

淡いピンク色の縁取りのある花を楽しむことが出来ます。

_RST1814

シルバーリーフの「ヘリクリサム」やスイートアリッサムなどの小花と合わせて

寄せ植えをするとより魅力的になります。

花後に半分位きり戻し、一回り大きめの植木鉢に

水はけのよい培養土(宿根草・花木の専用培養土)で植え替え

夏越しできれば、来春もたくさんの花を楽しむことが出来ます。

 

来週からは 気温が徐々に暖かくなりそうです。

寒さで 縮んだり傷んだりした 寄せ植えの再生にいかがですか?


本日は バラ栽培冬季集中コース 植え替え・施肥・肥料について

のセミナーでした。

_RST1817

色々な土の 働きや効果的な使い方、肥料の説明や与え方など

実演を交えて説明させていただきました。

ちょっとした使い方のコツ、アドバイスも交えてお話しさせていただきました。

外は まだまだ寒い一日でしたが 今日の講習は室内でしたので

ゆっくり お話をお聞きいただきました。

スポンサーサイト



  1. 2015/02/11(水) 17:10:11|
  2. 未分類