FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

最初が肝心。

まつおえんげいオリジナル「ローズ・アンシャンテ」シリーズ

ジャンティーユ

秋でもこんなにコンパクトです。もちろん四季咲き性。

DCS_9060

 

気温や季節でこんなに花形が変化します。

DSC_1450

ジャンティーユ (39)

 

さきほどの株を四季咲き性剪定教室で剪定デモをしました。

DCS_0544

 

まとまりのよいコンパクトな株です。

しかもこんなによく育っていて春の開花が楽しみです。

DCS_0548

 

さて、剪定や植え替え、肥料やりも終わり皆さん少しゆっくりされていることでしょう。

これからの作業は春の芽吹きの前に一度消毒をしていただきたいです。

昨年黒点病などで困っておられた方は特に昨年の病気の菌を退治しておく必要があります。

黒点病の菌は、落葉した葉や土で数か月休眠します。

最初の消毒、昨年の生き残りの退治が肝心です。

 

特にこのような枝の分かれ目や

DCS_0549

 

芽の付け根

DCS_0550

 

そして株元の部分等にも潜んでいます。

そして土にも。

DCS_0554

株全体と土の表面にも散布しましょう。

 

2月中旬から3月中旬の間に一度消毒をすると春の発生が抑えられます。

浸透剤で菌を退治しておきたいので。

治療効果のある「サルバトーレ展着剤アビオンE」t

DCS_0560

手軽なハンドスプレー剤なら「フローラガードAL

いずれも剤は同じです。

DCS_0565

 

もしくは

ラリー乳剤展着剤アビオンE

DCS_0561

手軽なハンドスプレー剤なら

アタックワンAL」(新パッケージに変わりました。)

ラリーと殺虫剤テルスター(殺ダニ剤)が混ぜてあるスプレーです。

DCS_0567

展着剤アビオンEは雨に強いので、今年のように雪や雨の多い時に使用すると薬の持続性が高まります。

そして

パラフィンの効果で暖かい日の続くときや、風などでの幹の乾燥を防ぐことが出来ます。 


「有島さんとクリスマスローズを語ろう」

日本橋チェルシーガーデン・ローズアドバイザー

有島さんがまつおえんげいに来られます。

少しの時間ですが皆さんとクリスマスローズの話をしましょうとご提案いただきました。

関東を拠点に活動されておられるので京都に立ち寄っていただけるのは嬉しいことです。

この機会に短い時間ではありますが是非ご参加ください。

DCS_2551

日時  3月2日(月曜日)午後2時より

場所  まつおえんげい温室内会場

参加費 無料

人数  約30名 お申し込み順、先着順で満席次第締切りです

お申し込みはお電話で  075-331-0358

スポンサーサイト



  1. 2015/02/18(水) 18:37:12|
  2. バラ