まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

皆さん上手!

本日は冬季集中コース、「1年間の栽培管理」でした。

今まで学んだ項目をまとめて、1年間の作業の流れとして復習でした。

そして最後に、皆さんでバラのオベリスク仕立てを体験していただきました。

まずは「ナエマ」で、枝の固い直立樹形のバラの仕立て方をデモンストレーション。

DCS_0763

 

香りは絶品です。

ローズとフルーツの香り。

この花を見ると今にも香りが漂ってきそうです。

DSC_0088

 

枝が硬くて直立に伸びるので角度の緩い誘引になりがちです。

誘引角度が緩いと枝先を中心に花が咲くようになります。

らせんの枝が綺麗に見えるように誘引して枝先の位置と高さを変えてとめていきます。

そうすることで花が咲く場所が全体に広がります。

DCS_0774

 

それでは、皆さんに体験を。

モデルはもう少し枝の柔らかい誘引しやすいバラ。

オールドローズの「ヴァリエガタ・デ・ボローニア」

奔放に伸びた枝はシュラブ樹形であることがうかがえます。

DCS_0767

 

花はこのように、濃いピンクながら品の良さを感じさせる絞り具合。

白が基調なのであっさりしていて和風の庭にもよく合います。

DSC_0303

 

_RST1822

2組に別れて作っていただきました。

お箸より少し細いくらいの枝を中心に残して。

枝をきれいに誘引して。

花の咲く枝(咲く始まり)を均等にとめていきます。

DCS_0770

はじめてされる方もいらっしゃったのですが、なかなかの出来栄えです。

これをこのまま春の開花までおいておきます。(リクエストにお応えして)

花が咲くのか?咲かないのか?

楽しみです。

DCS_0772_01

水曜日コースの方もオベリスク剪定誘引体験があります。

ハサミと手袋をお持ちの方はご持参ください。

スポンサーサイト
  1. 2015/02/22(日) 18:44:24|
  2. バラ