まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

雪割草

雪解けが始まる3月頃 残り少なくなった雪を

かき分けるように 開花する「雪割草」

クリスマスローズと同じキンポウゲ科の植物で

ミスミソウ属に分類されています。

日本にも自生しており、変異の多いオオミスミソウを中心に

交配が盛んで とてもたくさんの品種が作出されています。

とてもカラフルな品種がたくさん 出回るようになりました。

IMG_2342

クリスマスローズと同じように 珍しい花色花型を求めて

交配を繰り返し 新しい品種がどんどん生み出されています。

DSC_6936DSC_6937

地植えにすることは難しい植物ですが 非常に小さくコンパクトですので

数が増えても あまり場所を取りません。

10月から5月までが生育期で、その間に生育し夏には休眠します。

置き場所もあまり必要としませんので 小さなスペースからでも始められます。

植え替えも 頻繁にする必要も無く2~3年に一度ですので

とっても手軽に始められます。

でも、クリスマスローズと同様 夏の高温多湿は苦手ですので

7月から9月中旬までは 風通しの良い場所で管理するようにしましょう。

とっても手軽な「雪割草」始めてみませんか?

IMG_2339IMG_2344

IMG_4333

店頭ではまだ開花していませんが 開花見込み株を

販売しております。

2月27日金曜日から3月1日の日曜日までの3日間

京都府立植物園で「早春の園芸市」が開催されます。

IMG_4334

会場では 雪割草協会の方が 雪割草を展示・販売されます。

IMG_2336

IMG_2335

とっても珍しい花色・花型が見て頂け、ご購入もできますので 

こちらにも ぜひ ご覧ください。


 「皆様のクリスマスローズ展示会」

IMG_4330

クリスマスローズはバラやクレマチスなどとは違い

花一つ一つが違いがあり、まったく同じものは二つとありません。

そのせいで 珍しい花色や花型が出てきても 売れてしまえば

もう見て頂くことが出来ません。

IMG_4331

そこで、珍しい花やご自慢の花をお持ちの方に

持ち寄っていただき 皆様に見て頂く 展示会を開催いたします。

期間は 

2月27日金曜日から3月8日日曜日まで

もう 持ち込みが始まっていますが、まだまだ受付中です。

「とても珍しいものじゃないから だめ?」なんてことはありません。

ご自慢のクリスマスローズを展示してはいかがですか?

「横山 直樹氏」や「有島 薫氏」の株も展示(予定)いたします。

また 期間中 3月2日 午後2時より

有島 薫 氏 の 講演

「有島 薫さん と語ろう」

も開催いたします。

こちらは お申し込みが必要ですので

必ず事前にご連絡お願いいたします。

どちらも 皆様のご参加お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
  1. 2015/02/23(月) 17:53:15|
  2. 未分類