まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

菜種梅雨?

よく雨が降ります。

でも、春から夏にかけて植物の成長に欠かせない大切な水を与えてくれる雨は欠かせないものです。

そんなことから昔の人はその時々に降る雨のことを名前を付けて呼んでいました。

なんて風情のあることでしょう。

DCS_1501

3月下旬から4月上旬に降る雨を「菜種梅雨」

菜種の花の咲いている時期に降ることからこの名が。

 

5月初旬に降る雨を「たけのこ梅雨」

読んで字のごとし筍の成長する時期の雨。

 

5月中旬の雨を「卯の花くたし」

卯の花のころ。

 

そして梅の実の熟すころに本格的な「梅雨」に入るというわけです。

でもそれならずっと雨が降りっぱなしじゃあないですか(笑)

 

ドラセナ、ニューサイラン、ミモザなども入荷しています。

DCS_1488

 

本日の教室は、このバラギヨの「モニークダーヴ」で芽摘みの実践をしていただきました。

皆さんやはり摘むのをためらってしまうと、おっしゃっていました。

気持ちはわかります、

どうしてもしなければいけないわけではありませんからご安心を。

DCS_1486

 

そして、今お持ちのバラの生育具合で肥料や水やりなどの管理の違いなども説明しました。

ちょっとしたことですが、生育に違いが出てきます。

P3290722

 

バラ教室は私のこの本を参考にすすめていきますので、

出来ればこの本を持参いただければ写真などもご覧になりながら進めるのでわかりやすいと思います。

DCS1112

「はじめてでもきれいによく咲くバラづくり」

まつおえんげいで販売しています。

 

そして、明日は東京行きです。

「国際バラとガーデニングショウ」の説明会に参加してきます。

今年も出店します。ハークネスローズや河本ローズを中心に販売するつもりです。

スポンサーサイト
  1. 2015/04/01(水) 17:44:37|
  2. バラ