FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

今年も出店。

クレマチスの開花株もたくさんの品種が入荷しています。

花を確認して買っていただくと庭での演出の参考になります。

もちろんプレゼントにも。

DCS_1584

 

ラベンダー。

DCS_1583

 

フレンチラベンダー「リトルルビーブルーホワイト」

学名Lavandula stoechas(ラベンダーストエカス)

紫の穂から白い花が咲くのでツートンカラーが楽しめます。

花は今から7月くらいまで咲きます。

イングリッシュラベンダーに比べて、暑さに強くて関西でも問題なく育ちますし、

通常のフレンチラベンダーは耐寒性に劣りますがこの品種は耐寒性も強くて丈夫です。

排水の良い土で日当たりの良いところで楽しみ、水のやり過ぎは禁物です。

ややアルカリ性を好むので、用土に5~10%のゼオライトやミリオンを混ぜて植え込むとよいでしょう。

枝もしっかりしていて丈夫なのですが梅雨などには蒸れに気をつけて、風通し良くしてください。

DCS_1579

 

イングリッシュラベンダー「センティヴィア・ブルー」

学名Lavandula dentata(ラベンダーデンタータ)

この系統も耐暑性に劣ると言われていますが,この品種は昨年からの株が夏越しもして元気に育っています。

暑さに比較的強くて花も春と秋に咲く2季咲きです。

 

やはりこのように暑さに弱い植物を日本の夏を快適に過ごさせるために一番大切なことは

①土の排水を良くすること

ミリオンなどを10%以上入れて肥料分の多く残っている堆肥や腐葉土は控え目にする

 

②肥料の与えすぎに注意して控え目にすること

元肥を通常より少なめにして、追肥は化成肥料か、完全発酵済みの有機肥料などを使い、追肥は液体肥料を薄めで与える

 

③水の与えすぎに注意すること

水はけの悪い土で普通の花のように水を与えると間違いなく根腐れをおこします。

排水の良い土で乾くまで待って水を与える習慣をつけると調子がよくなる。

この3点です。

DCS_1580

 

小さな陶器鉢が入荷しています受け皿付きで室内の観葉植物にも。

DCS_1581


rose-TYPE-A468×60px[1]

5月12日(火)~17日(日)

国際バラとガーデニングショウまであと1ヶ月近くに迫ってきました。

今年もまつおえんげいは出店いたします。

まつおえんげい専売の河本ローズ「ローズアンシャンテ・シリーズ」を始め

イギリスハークネスローズや河本ローズなどの開花株や新苗を販売します。

DCS_1507

昨年はこのような感じでした、今年はさらに広くなります。

 

ブルボンローズ

ジプシーボーイ

棘はとても細かくて、扱い易い枝は小型のツルバラとして最適です。

アーチや窓辺などに向く返り咲き性のシュラブ樹形で、秋にも返り咲きます。

この花は5月の暖かい日に咲いたのでピンクが強いですが気温が低いともっと濃いクリムゾンレッドになります。

DSC_0784

3年生苗があります。

スポンサーサイト



  1. 2015/04/06(月) 17:38:59|
  2. 未分類