FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

日照不足の影響。

HFP(ハッピーフラワープロジェクト)シリーズ

本名は「ジニア・サンビタリア・スタビーニ」

ジニア、すなわち百日草の仲間です。

花持ちがよくて、暑さに強く今から気温が上がると力をどんどん発揮します。

DCS_1951

横に広がるように大きくなるので、花壇前面やハンギングバスケットにも。

DCS_2008

 

古くから愛されているローメンテナンスプランツ「ベゴニア」。

DCS_2011

 

乾燥に強くて、秋までしっかりと咲き続ける1年草草花です。

日本に古くからあるシュウカイドウ(秋海堂)の仲間です。

ダブレットは八重咲き品種です。

DCS_2012

一株でこんなに大きくなります。

DCS_2024

ワンポイントアドバイス

今年は3月、4月と本当に雨が多くて、曇っている日が多いので

日照不足と、多湿が全国的に大きな問題になっています。

淡路島の玉ねぎが大量にかび病で枯れてしまったり、ハウス栽培のナスが大きくならなかったり、

野菜農家は深刻な状態のところが多くあります。

長く続いた雨はゴールデンウィークまで続くようです。

花も、他人事ではありません。

今の時期に注意して観察していただきたいのが、「株の中や、地際などでカビが発生していないか?」です。

下の画像はベゴニアの株元、土の上で見つけたかび病に侵された葉です。

サクラソウ、ゼラニウム、ベゴニア、ペチュニアなど多くの草花がかかってしまう可能性があります。

一番効果的な防除方法は、カビの発生している葉を取り除くことです。

このまま放っておくのはやめましょう。

進行が進みそうで心配な場合は灰色かび病の治療薬を散布しましょう。

DCS_2019

予防方法は風通しを良くして、日当たりの良いところに置くようにすることです。


先取り!

2年生バラ大苗開花株シリーズ

DCS_1741

 

早期開花株が次々と咲いてきました。

DCS_1781

 

 

インターナショナル・ヘラルド・トリビューン

イギリス・ハークネス社の1984年と古くに作出されたバラです。

ハークネスが作りたかったバラの典型的な性質を持っています。

バイオレットのセミダブル、軽いスパイシーな香りが漂い、棘はほとんどありません。

DSC_0870

 

コンパクトで、病気に強くて、抜群の連続開花性、と3拍子揃ったバラです。

花壇で放任しても育てられるバラなので、草花や宿根草などとの組み合わせの相性もピッタリですね。

細い枝にも沢山花が咲くのが見ていただいてもわかるでしょう。

インターナショナルヘラルドトリビューン

 

イエロー・エタニティ

河本純子さんのバラ。

咲き始めのこの顔から、芍薬のような花型になり最後には平咲き気味に。

決して強く香るわけではないけれども、この花にピッタリの上品なティの香りが。

DCS_9611

 

 

花付きがよくて、切り戻して肥料を与えれば秋までずっと咲きます。

DSC_0130

 

棘が少なくて、素直な樹形で鉢植えでもよく育ちます。

DCS_1752

スポンサーサイト



  1. 2015/04/17(金) 17:49:14|
  2. バラ