まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

ホームページリニューアル。

いまさらですが、先日よりホームページが変わりました。

検索しやすく、わかりやすくなりました。

このブログを見ていただいているということはご覧になっているんですね。

温室内は、母の日のギフト用鉢植えが揃っています。

DCS_2566

ガーデンでは、黄木香バラに続いて、白木香バラが2分咲きでしょうか。

DCS_2564

 

中庭で、モッコウバラ以外で、一番先に咲きそうなのは

デフレア・フルール・ジョーンでしょう。もう咲き始めています。

このバラはノアゼットの系統で、やや寒さに弱いですが、数年育てると環境に慣れてきて大きく育ちます。

アプリコットでティの香りの強いツルバラです。

細長い柔らかい葉は淡い花とのバランスがよくて、

比較的日差しの弱いところでもよく育ちます。

DCS_2559

 

おなじみ、ジャクリーヌ・デュ・プレは3輪咲いています。

もうすでに、あの独特の香りがしています。

朝起きてこの香りをまといながら仕事のスタートです。

DCS_2561


毎年、15日くらいから咲きだして、

20日位から本格的に開花が進むんですが、今年は少し早まりそうです。

細かく開花状況をお知らせしますのでチェックしてください。

 

鉢植えで咲き始めているバラはまだこれくらいです。

四季咲き大輪のラジオ。

DCS_2540

 

イングリッシュローズの早咲き品種

プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント。

DCS_2555

 

ヤンスペックの切り花にも出来る香りの高い品種

ジャンヌダルク。

とにかく香りを確かめてください。もちろん四季咲きです。

DCS_2557

 

河本ローズ

グレースケリー。

DCS_2551

まだまだこれくらいです。

 

最近特に、多く発生しているのが

チュウレンジハバチです。

葉を表から見てこのようになっていたら葉の裏を見てください。

小さな緑色の幼虫が沢山いるはずです。

まだこの時なら全員が一枚の葉に集まっているのでこの葉だけ取り除いて捨てれば消毒の必要はありません。

でも、彼らは、一枚の葉を食べつくすとそれぞれ他のの葉に別れて食べ始めます。

そうなると株全体の葉を食べつくされてしまうこともあります。

株の比較的上の方の葉にこのような被害が見えますので、

水やりの時に注意深くチェックすれば容易に見つけることが出来ます。

DCS_2474

手におえないくらい増えたら、薬剤の力を借りるしかありません。

 

さて、

明日から4連休「一人一人の植物園・まつおえんげい」へ遊びに来てくださいね。

スポンサーサイト
  1. 2015/05/02(土) 19:26:58|
  2. バラ