FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

過ごしやすい一日でした。

毎年、木香バラ以降に一番最初に咲く、

イギリス・ハークネス社の「ブリッジ・オブ・サイ」

ひときわ目立つツルバラです。

DCS_2573

 

甘い香りが漂います。

3メートル位のツルバラになりますが小さく仕立ててコンパクトの楽しむことも出来ます。

DCS_2576

 

下の方からもよく枝が出て花がよく咲きます。

DCS_2571

 

店内の鉢植えで今日咲き始めたバラ。

カクテル

秋までとても長く返り咲きます。

DCS_2583

 

丈夫で大きく育つ直立気味のツルバラ。

ペネロープ

DCS_2585

 

コンパクトで四季咲き性のイングリッシュローズ

ムンステッドウッド

DCS_2587

 

レーブドール

ツルバラ仕立てが向いています。素晴らしいティの香りが。

DCS_2586

 

イングリッシュローズの中でもとても病気に強いツルバラ向き品種。

クラウン・プリンセス・マルガリータ

よく返り咲きます。

DCS_2577

 

大きく育つツルバラ、間もなくです。

ロイヤル・サンセット

DCS_2579

 

早咲きのツルバラ2品種

香り高いツル・クリムゾン・グローリー(左)と鮮やかな返り咲き性ツルうらら(右)

咲き出しました。

DCS_2578

関西は今夜から明日の朝にかけて雨が降りそうです。

夜にしっかり降ってくれるとありがたい雨ですね。

でも、心配なのは、雨の後の黒点病の発生と

最近爆発的に増えている葉を食害するケムシやアオムシ類です。

雨の後には消毒をお勧めします。

スミチオンなどの接触剤とモスピランのような浸透移行性剤を混ぜて散布すると

今いる害虫も退治できて、これからやってくる害虫の予防にもなります。

そしてサルバトーレやラリー乳剤などのような、浸透性治療殺菌剤も一緒に撒布しましょう。

スポンサーサイト



  1. 2015/05/03(日) 17:57:50|
  2. バラ