まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

あすは定休日です。

ツツジ科ツツジ属の西洋シャクナゲ(石楠花)。

ロドデンドロン(Rhododendron)

北半球全域に分布するツツジ属の仲間で、

しべの数でツツジ類とシャクナゲ類に分類された時代(雄しべの数が10本が石楠花で、5本がツツジ等)

もありましたが変異種が多く発見されて確実な分類の難しい属です。

シャクナゲは日本にも多く自生しており、山しゃくなげと一般的に呼んでいるものはいろんな山で見かけますし、

屋久島シャクナゲなどは貴重な品種です。

今販売されているのは園芸品種で「西洋シャクナゲ」「ロードデンドロン」と呼ばれています。

このシャクナゲは20年以上前に鉢植えを置いておいたら根が下に伸びて今や3メートルを超すように育っています。

午前中に数時間しか日が当たらない場所ですが、毎年よく咲きます。

DCS_2897

 

白木香バラが満開です。

黄木香バラは香りはあまりしませんが、白木香バラは甘い香りが辺りを漂い、

お客様も「この甘い香りはどのバラ?」と不思議そうに探しておられて、

木香バラだとわかると驚いておられます。

長尺苗が在庫あります。

DCS_2660

 

今日のジャクリーヌ・デュ・プレはこんな感じです。

DCS_2670

 

草原の香り、ペネロープは2分咲きでしょうか?

DCS_2830


さて、これは昨日も紹介した、ローズポンパドゥールとツルジュリアです。

今まで暑い日が続いてどうやら花が早く咲きそうだ。とよく聞きますし、

私たちもそのように思っていますが。

DCS_2901

 

ちょっとこの画像を見てください。

撮影は「2014年5月6日午後2時」です。

ちょうど1年前に「国際バラとガーデニングショウ」へ出展するためのご挨拶を撮影したときの画像です。

比べてみてください。

昨年の方がよく咲いていると思いませんか?

DCS_1442

これを見ると、今日迄は昨年とそう変わらないようですね。

でもこれからの気温の推移で咲き進み具合は変わってきそうです。

昨年より確実に気温は高いようです。


「New Roses 2,015 vol.17」

でデビューした最新品種の新苗が本日より限定販売です。

New Variety 2015

 

デルバールローズ

病気に強くて作り易いバラの代表ブランド。

アメリ・ノートン

淡い黄色のロゼット咲き、コンパクトな四季咲き性。

アメリノートン2

 

アレゴリー

濃赤紫のロゼット咲き、コンパクトな四季咲き性。

アレゴリー1

ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ

濃い赤に茶の絞りのセミダブル、是非小型のツルバラ仕立てに。

ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ1

 

ドリュローズ

フランス独特のイメージを表現するフレンチローズ。

 

シフォナード

クリームピンクの八重咲き、コンパクトな四季咲き性。

シフォナード1

 

ロサ・オリエンティス

日本生まれ日本育ちの日本の環境を知り尽くした木村卓功さんの作出品種です。

 

フィオーラ

グレイッシュピンクのカップ咲き、小型シュラブ樹形。

フィオーラ

 

プシュケ

アプリコットピンクのロゼット咲き、中型シュラブ樹形。

プシュケ

 

ホーラ

ライトピンクのロゼット咲き、小型シュラブ樹形。

ホーラ

 

ラパン

コロコロしたパールホワイトのカップ咲き、コンパクトシュラブ樹形。

ラパン

細かく解説はしません。

New Rosesをご覧になってください。

明日は定休日です。お休みなのでお間違えのないようにしてくださいね。

スポンサーサイト
  1. 2015/05/06(水) 19:34:26|
  2. バラ