まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

予約のお願いです。

行ってきました、ハウステンボス。

P5230476

運河沿いのウィーピングローズは今年もきれいに咲いていました。

P5240520

 

やはりここも今年は開花が早かったようで。満開を少し過ぎたところでしたが、

まだまだ十分鑑賞できるほど多くのバラが咲いていました。

そして今咲いていて蕾をまだつけているバラは、普通咲きより少し長く鑑賞できる品種なのでチェックしておくと、

長く庭でバラを楽しむのに役に立ちそうです。

P5240563

 

そして、少し油断していました。

毎日、店では外で日差しをたっぷり浴びながら仕事をしているので大丈夫と安心していましたが、やはり九州?

夜ホテルでシャワーを浴びると顔が痛い!

何と、一日で真っ赤に日焼けしてしまいました。

P5240530

今回は香りのバラの紹介だったので、ツルバラを中心に仕立てと香り、

クレマチスの添わせ方などをお話しさせていただきました。

普段お目にかかれない地域の方々と色々お話が出来て楽しく過ごさせていただきました。

まつおえんげいのお客様もいらっしゃいました。

皆さん本当にありがとうございました。

P5240558


まだまだ今からが本番というバラも沢山あります。

クレマチスの温室に咲く「モーヴァンヒルズ」

棘の少ない大きく豪華に咲くバラです。

ここはスペースに恵まれているので伸びるに任せていますが、

冬の剪定で2メートル四方ほどの小さな壁面に咲かせることも可能です。

DCS_4554

 

ランブラーローズ「ブルー・マゼンタ」

ハステンボスでもアーチに多く使われていました。遅咲きなのでまつおえんげいでは今が見ごろです。

直立もしくは斜め横に大きく伸びる枝は硬くて丈夫、

どちらかというと高めのポールや壁面向きでしょう。

日陰でもよく咲きます。

DCS_4551

 

このバラも遅咲きです。

ローゼンドルフ・シュパリース・ホープ

ドイツ、コルデスの名花。(私はそう思います)

病気に強くて日陰でも咲き、花付きがとてもよいシュラブローズです。

シュートの発生がとてもよく、小さくしても大きくそだててもいかようにも出来る便利なバラです。

香りは少ないものの、フリルのかかる淡いサーモンピンクの花は大きな房咲きになって株一面に咲きます。

DCS_4559

 

明日は久しぶりに、バラ教室です。

あいにく明日も次の30日(土曜日)も定員満員でキャンセル待ちの状態です。

せっかくお申込みいただいたのにご参加いただけなくて申し訳ありません。

椅子やスペースの問題で、40名が定員です。

明日は「花後の剪定と病害虫管理」というテーマで話す予定です。

DCS_4561

次回の、

初めてのバラ作り 無料・当日自由参加OK

6月3日(水)・6月6日(土)  午前10時30分~12時

は、当日自由参加OKとなっていますが、定員40名になり次第締め切らせていただきますので、

当日にご参加いただけない場合もありますのでご了承いただきますようお願いします。

予定を入れてご参加いただける方は事前にお申込みいただきますようにお願いいします。

お席を確保させていただきます。

スポンサーサイト
  1. 2015/05/26(火) 18:36:00|
  2. バラ