FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

新枝咲き 品種の花後の剪定

新枝咲き品種は少し遅めの開花ですので 

そろそろ 花後の剪定をする時期になってきました。

 

「踊 場(オドリバ)」 ヴィオルナ系

新枝咲き、花期:5~10月、花径:3~5cm、草丈:3~4m

IMG_5396_2_DSC3320

可愛いベル型の花をぶら下げるように、たくさんの花を咲かせてくれる品種で

ベル型の花は控え目に見えますが、他の花と組み合わせても 良く映える花色と花型です。

花は小輪ですが 花数が多く 側枝からも蕾が上がりますので

花を長く楽しむことが出来ます。

そろそろ花が終了です。

IMG_5107

新枝咲き品種は 地上部2節残して全部切り取る「強剪定」の品種です。

長く伸びているツルを切るのには勇気も必要ですが

長く残すほうが脇枝がたくさん出てしまい、葉ばかりが増え

花が咲かなくなってしまうこともありますので、必ず「強剪定」をしましょう。

IMG_5108

ツルをほどくと こんな感じ。

2節残して切り取ると、残りは約20㎝位しか残りません。

でも思い切って剪定です。

IMG_5109

もし、冬に植え替えをしていない場合にはこのスッキリした時期に

植え替えすると作業はし易いですよ。

根がいっぱいに張って窮屈になってしまった株はこの機会に植え替えて

植木鉢やアンドン支柱まで大きなものに交換してくださいね。

この株は 植え替えは必要なさそうでしたので 残ったツルについている

枯れた葉などを掃除して、肥料を与えました。

液肥と活力剤もこの機会に与えると、新芽の動き出しが

大変良くなります。

IMG_5110IMG_5111

約一週間ほどで新芽が伸びだします。

あとは、アンドン支柱に誘引をしていきましょう。

肥料は 新芽が伸びだし蕾をつけるまでは切らさないように

与えるのが効果的。 

夏場は置肥は控え、液肥や活力剤など吸収しやすい栄養を与えてやるのが

夏バテをさせない秘訣です。

夏場こそ 気を使ってやってくださいね。


今年も きれいに咲いてくれました。

_RST3951

今回のお気に入りは 手前の

「白万重」「紫子丸(シシマル)」のタワーでした。

_RST3958

このタワーのテーマは「八重咲き」

早咲き大輪系の「ブルー・ライト」(下のライトブルーの花)から開花が始まり

フロリダ系の「白万重(シロマンエ)」と「紫子丸(シシマル)」が開花して

一時期は3品種が競演してくれました。

遅咲きの八重咲きは少ないので フロリダ系はお勧めです。

ツルが細く柔らかいので、ラインも作り易く咲かせたい場所に

咲かせる事が出来ます。

花期も同じくらい長いので、6月まで1ケ月暗い花を楽しめます。

その上 四季咲き性も高いので晩秋まで良く伸びて花も楽しめます。

_DSC0452ブルーライト

スポンサーサイト



  1. 2015/06/04(木) 16:29:54|
  2. クレマチス