まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

梅雨

梅雨と言っても しとしと っていう感じではないように思います。

降るときは ザーザー 降っていますよね。

IMG_5213

この時期雨が降ると 水やりは助かりますが

過湿で 花や植物が傷んでしまったり 病気になったりすることが心配ですね。

長く降り続きそうなときには 雨対策として

可能であれば 軒下などに避難させることをお勧めいたします。

でも そんな場所があれば 花鉢が置いてあり

なかなか移動なんて 出来ませんよね。

出来ない場合には 雨がやんだら しっかり乾かして 消毒するのが効果的。

IMG_5212

花壇や植木鉢の植え込みなどの場合には 

地際部分や奥の方にある枯れた葉っぱや枯れた花や

傷んでしまった花をまめに掃除し

植物の付け根部分や株全体に 殺虫・殺菌剤入りのハンドスプレータイプの薬剤を使い

シュッとスッキリ消毒。 病気・害虫の予防にもなります。

そして日光によく当てるのが大変効果的。

古い花や枯れた葉が残っていると 過湿になたっ時に 腐ってカビが生え

病気の原因になりますし害虫の隠れ家になる場合も。

雨上がりには 洗濯物を日光で乾かしスッキリしたいですよね

植物も 長く湿っていたら 雨上がりにはしっかり乾かし

消毒しスッキリさせてあげましょう。

 

その後の管理ですが

出来れば一度しっかり乾かせるほうがいいです。

どうしても いつも通り水やりをしてしまいがちですが

一度しっかり乾かして 水をほしがる状態にしてから

お疲れさん! と言う気持ちも込めて

液肥活力剤を一緒に与えます。

IMG_5215

液肥は吸収が早く 雨で疲れた植物の回復を早めます。

活力剤は肥料の吸収を助け、日照不足の改善にも役立ちます。

活力剤は肥料と一緒に与える事で とても効果を発揮します。

これから やってくる暑い時期にも この使い方が有効です。

 

ちょっと 疲れてるなぁ とか 弱ってきたかな?

なんて 時には ぜひお試しください。

スポンサーサイト
  1. 2015/07/02(木) 16:24:56|
  2. 肥料と薬剤