まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

フランスVol.1

フランスへ移動し、最初に訪れたところです。

今春、日本デビューしたフランスでは5本の指に入る名門ブランド

「アンドレ・エヴ」。

現在35品種を世にだし、日本では「ローズ・ドゥ・グランヴィル」が今春デビュー品種。

もともとはオールドローズなどの品種保存から始められたので、

現在も600品種、50,000本のオールドローズを販売されています。

 

本社横にはモデルガーデンがあり、ここでバラを見て。

DCS_7034

DCS_7036

 

併設の売店で購入するという具合になっています。

とてもわかりい易い分類で、選びやすそうでした。

DCS_7061

 

ここでは香水用にバラの花をメーカーに供給されています。

そのための畑です。

ところどころにラベンダーが植えてありました。

バラが咲いたときの景観の演出の為とおっしゃっていました。

DCS_7124

 

そしてここの育種方法は、他とは少し変わっています。

種をまき、良いものを選抜して、それをそのまま畑に植えるそうです。

だから1株で最低5年以上観察されているそうです。

その中からさらによいものを選んで5~10年経過を見て選抜されるという徹底ぶりです。

DCS_7129

他の農場と比べて少ないように見えますが、

一株ずつ試験栽培をして駄目な品種は抜くという方法なのでこのようにまばらに見えます。

育種担当のジェロームさんの徹底したこだわりの選抜は見事でした。


こんなオシャレで便利なものが!

DCS_8311

 

名前は「サスティー」

植物用水分計です。

土の乾燥具合が一目でわかる便利な商品です。

色はホワイト、レッド、ブラック、グリーンの4色、

大きさはM(4~6号鉢用)とL(7号鉢以上)の2種類です。

DCS_8315

 

使い方はこのように、真っ直ぐに印のところまでしっかりと差し込みます。

土が湿っていると白い部分が次第にこのように青く変わります。

DCS_8317

青が白くなったら、土が乾いてきたというサインなので、再び水をやる。

これで水のやり過ぎの心配がなくなります。

室内の観葉植物や乾き具合のわかりにくい鉢植えなどに特におススメです。

水のやり過ぎによる過湿で根痛みをおこして株が弱るのを防ぐことが出来ます。

 

わかりにくい水やりのタイミングが一目でわかる!便利グッズですね。

 

スポンサーサイト
  1. 2015/07/25(土) 17:47:39|
  2. バラ