まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

デッキ補強作業

お客様が少ないこの時期の作業として

色々なところの 補修作業も日々行っています。

皆さんが とく通られるおトイレ前のデッキ。

IMG_5524

上部に張ってある材木は「チーク」材で

とっても重く、と~っても丈夫なので 長持ちしますが

その下の材木は 普通のものを使っていますので

定期的に交換が必要になります。

丈夫な天板をめくってみると 下の材木は

IMG_5526

このようにかなり傷んできました。

今回は 下の材木だけ 交換します。 IMG_5528

天板はまた使用しますので きれいに外して

下の材木は全部撤去しました。

IMG_5529

今回はデッキの高さを 少し下げるために

下の基礎部分まで やり替えますが

その時に 使用するのが これです

IMG_5565

これが何かご存知でしょうか?

ご存知の方も 「なつかし~」とお思いでしょうね

これは「レベル(水盛カン)」です。

今の大工さんたちはこんなものは使っておられません。

レーザー式の水準器をお使いですが

どこでも 水さえあれば地面の水準(土地・建物などの高低・水平の度合い)

を出すことが出来る優れもの。

むか~し(40年位前)アルバイトしていた時に これを使っていたのを

思い出して まつおえんげいでも購入しましたが

ステンレスの深いバケツに水を入れて敷地の中央に置き 

透明のホースを図りたいところ(土地の四方)に持っていくと

どこに持って行っても、バケツの水面と同じ高さになる作用?

もひとつ 原理が良く理解はできていませんが水準が出るのは確かです。

これを利用して

全体の高低差を出し 基礎の高さを揃えて据え

 IMG_5536

 基礎が決まったら あとは材木を並べます。

今回は長持ちしてほしいので ヒノキの材木のみですることに。

しっかり防腐剤を塗ってから 今までのチーク材の天板を張りなおします。

天板はとっても堅い! ビスを止めるのにも ドリルで穴をあけないと

ビス止めもできないほどです。

IMG_5539

でもその堅さのおかげで とっても長持ちします。

IMG_5540

出来上がり。

高さも低くなり 段差も小さくなりました。

少し歩きやすくなりました。

夏と冬には ところどころ 直しています。

スポンサーサイト
  1. 2015/08/13(木) 16:35:51|
  2. 未分類