まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

夏剪定終了!

涼しい秋になりそうだったので 今年は少し早めに夏剪定を

始めまておりましたが、昨日(6日)終了いたしました。

IMG_6042IMG_6041

IMG_6040

全体に スッキリ見やすくなり、葉の数も少なくなり気温も低いので

水遣りの回数も減り、管理しやすくなりそうです。

剪定中に来られたお客様からは、夏剪定の質問をたくさんいただきます。

「え~っ こんなに切んの?」なんてご質問には

枝や系統のお話などをしながら

実際に剪定するところを見て頂き説明させていただいております。

剪定が終われば 「肥料」を与えます。

IMG_6043IMG_6044

剪定後は土の上にばらまくタイプの「置き肥え」を与えます。

重要な肥料ですので 品質の高い有機配合の肥料が良いでしょう。

バイオゴールドのバラ専用肥料「セレクション」や

まつおえんげいオリジナルの「バラ専用肥料」がおススメです。

この時期に肥料を与える目的は

四季咲き性や返り咲き性の品種は、新しい枝を伸ばし

花を咲かせるためや、枝を充実させるために与え

一季咲き性の品種には、春から伸びた枝を充実させ

来春の花を 確実に咲かせるために与えます。

また、夏バテしている株の元気を取り戻すのにも大変効果的。

「液体肥料」や「活力剤」を一緒に使うと、より早く元気を取り戻し

株も 枝も 充実させることが出来ますのでオススメです。

また、この時期から薬剤散布を始めることで

新しく伸びだす枝に病気がうつるのを防げますので

とても 良いタイミングです。

薬剤散布もこの時期から始めましょう。

今回 肥料と殺菌剤アタックワンAL のお買い得セット

を企画いたしました。

これからの時期に使う肥料と殺菌剤のセットです。

セットでお得な価格設定になっておりますので

この機会にぜひお求めください。


セイロンランティア キョウチクトウ科

IMG_6028

白い木立性のジャスミンのような白い花を咲かせる常緑の熱帯花木です。

枝を伸ばしながら先端付近に次々花をさせてくれる。

花の形がジャスミンに似ていますが、香りはほとんどありません。

しかし、弱光線の中でも育てやすく、花期も春から秋までと長いので

育てやすく、人気のある植物です。

樹形も綺麗で「シュッとした」シルエットに育ちますので

夏の花木として寄せ植えなどにも使いやすい植物です。

置き場所は 真夏以外は日当たりの良い場所に置き

水と肥料をたっぷりと与えます。

真夏は葉が日焼けすることがありますので

午前中日が当たり、午後からは陰になるような場所が適しています。

冬は寒さに弱いので、できれば最低気温が15℃くらいで

日当たりの良い場所に置きましょう。

晩秋まで花が楽しめます。

(関西では「すらっとした美しい様」の事を「シュッとした」と言います

例:美容院で「シュットした髪型にして」とか、人の服をほめる時などに

「いや~ あんた ええ服着てるやん シュットしてるわ シュッと」【なぜか二回】言ったりします)

スポンサーサイト
  1. 2015/09/07(月) 17:23:43|
  2. バラ