まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

冬季集中の詳細。

昨日、今日とバラの消毒でした。

やはり雨が多くて曇天が続いて黒点病の危険度が高まってきているので、早めの予防です。

病気はかかってからではなかなか根絶は難しいので、発病前の予防が大切です。

害虫はほとんどいないので殺菌剤だけ散布しました。

 

そして、今日はバラ栽培教室の日。

「秋バラを楽しむ為のワンポイント」と題して、

夏剪定後の肥料、病害虫管理、水やり、活力材の有効活用法など細かなところを

実際に行なっていることを中心にお話ししました。

DCS_8520

 


2016年バラ栽培教室「冬季集中講座」と「短期集中コース」について。

先日からご紹介している冬季のバラ栽培教室。

おかげさまでもうすでに何軒かお申し込みをいただいています。

しかし、二つの内容について「どう違うのかのか?」というお尋ねがありましたので違いを説明します。

 

まず

「冬季集中講座」

内容は今年初めてバラを始めたという方から経験者までわかるように

 剪定や植え替えなどをできるだけ実技を交えてわかりやすく解説していきます。

剪定実技風景

★時期的に1月初めということもあり「剪定誘引」からはじめていきます。

一回3時間で8回参加していただいてすべての項目を学んでいただきます。

全コース参加のほかに、学びたいところだけピンポイントに学ぶ方法があります。

 全日程の都合がつかない方に最適です。

 例えば「C-病害虫と薬剤」だけ聞きたいという方はその項目だけ受講することが出来ます。(¥3000税込)

 但し「剪定・誘引について」のコースは最初の学科を受けて頂かないと次からの実技にかかれないので

 4日(4回)がセット(計12000円)になっています。

教材の松尾正晃著「はじめてでもきれいによく咲くバラづくり」は別途お買い求めいただきます。

水曜日コースと土曜日コースを選んでいただきますが、ご都合のつかない場合は振り替えが出来ます。

★初回参加時に全コース代金をお支払い頂きます。

 

つぎに

「短期集中コース」

★遠方の為、仕事の都合などで毎週来るのが無理な方のご希望があって企画したコースです。

ある程度経験のある方から、何年も続けているけれどどうも納得できない部分がモヤモヤとあるという方が対象です。

 1シーズン栽培経験のある方なら問題ありません。

★実技はなく座学のみです。ホワイトボードを使ったイラストや写真などで解説します。

冬季集中講座風景

 内容はほぼ同じですが早春に行なうので、春の作業から順を追って話していきます。

★価格は30,000円と割高ですが、二日間とも「喫茶・ログハウス」の昼食とドリンクが付いています。

 教材に使う松尾正晃著「はじめてでもきれいによく咲くバラづくり」

 最新「バラとクレマチスカタログVol.6」代金も含みます。

★前金制で、ご入金確認後に受付が完了します。

 

「冬季集中講座」と「短期集中コース」に共通していること。

★いずれも少人数制(最大20名まで)で行き届いた説明ができるよう行ない、

 できるかぎり毎回質疑応答の時間を設けてあらゆる疑問を解消していただけるようにしていきます。

毎回詳細を書いたレジュメや参考資料などを準備して、「はじめてでもきれいによく咲くバラづくり」と一緒に

 すすめていきます。

豊富なテキスト

★いずれも、ポイント加算対象外です。

★教室内容の録音、撮影はお断りしています。

 

何故そうしないといけないのか?

なぜそうなるのか?

などの疑問を解消できると思います。

スポンサーサイト
  1. 2015/09/12(土) 17:25:09|
  2. バラ