まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

イングリッシュローズ カレンダー

2016年 平成28年 申(サル)年ですね

毎年この時期から カレンダーの販売が始まります。

一年間お付き合いするカレンダー あなたはどんなカレンダーを選びますか?

お花のカレンダーはいかがでしょう。

イギリス デヴィッドオースチン社の

イングリッシュローズカレンダー が入荷致しました。

IMG_6185

オールドローズの優雅な形と香り、現代バラの繰り返し咲き性と

色のバリエーションを併せ持つ 育てやすい品種を作出されています。

12か月 素敵なイングリッシュローズと出会えるカレンダーです。

イギリスで作られたカレンダーですので、日本の祝日は表記されていませんでしたが

来年からは 日本語表記も入ります。

IMG_6181

見やすくなった イングリッシュローズカレンダー 毎年完売です。

お早めに手に入れてくださいね。

 

10月には 写真家「今井 秀治氏」のガーデンローズカレンダーも入荷致します。

※画像は今年 2015年度版の表紙です。

 

お気に入りのカレンダーと 2016年をお過ごしください。


夏の天候不順でお野菜の値段が高くなっているようです。

植木鉢でも簡単に作ることが出来る「冬野菜」にチャレンジしてみてはいかがですか?

IMG_6175_thumb[2]

この時期の野菜苗は、キャベツ・白菜・ブロッコリー・レタス 等が主流です。

これらの結球する野菜を大きく作るためには、ある程度の土の量が必要で

一株で少なくともバケツ一杯程度(約10㍑)必要ですが

見事に巻いたキャベツや白菜などを見ると感激ものです。

大きめの植木鉢か菜園プランターなど大きめのプランターでも

作ることが出来ます。

葉物野菜(サニーレタス・パセリ・ラディッシュ・ほうれん草・ベビーリーフなど)は

種からでも簡単に作ることが出来、収穫も早いのでおススメです。

IMG_6178_thumb[1]

小さな植木鉢やプランターでも作ることが出来ますので

ある程度茂ってきたら、きっちに置いてもおしゃれですね。

新しい土で育てるのが一番ですが、古い土で育てる場合には堆肥や腐葉土を

2~3割程度すき込むようにしましょう。

青虫など害虫はまめにチェックし、取り除くようにすれば無農薬でも栽培できます。

良い土で有機肥料を使い安心安全な「有機野菜」を作ってみませんか?


まつおえんげいでは バラの剪定で出た枝を 乾燥させて粉砕し

畑に堆肥として使えるよう、柿畑で再利用しております。

IMG_6130IMG_6129

環境の事を考え ごみとして処分するのではなく

有効利用できるものは、なるべく使えるように工夫しごみの減量を目指し

自然に帰るものは 自然に返せるよう 取り組んでいます。

スポンサーサイト
  1. 2015/09/16(水) 19:30:07|
  2. 入荷しました!