まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

苔玉

ミニ盆栽や観葉植物を包んだ「苔玉」が人気です。

植木鉢もいらず 和風なたたずまいで

お部屋のアクセントに最適です。

IMG_6300

とても管理しやすく、お皿をひけばどこにでも置けて

お部屋のインテリアにもバッチリです。

基本的な管理はお水やり程度で、外側の苔が乾いてきたら

バケツにすっぽり1~2分沈め しっかりし湿らせたらOKです。

肥料を必要とする季節には「液体肥料」を希釈した水につけてあげます。

日照を必要とする植物の場合には、なるべく日当たりの良い場所に置くか

ときどき 屋外で日光浴をさせてあげましょう。

冬越しは 中に植え込んである植物に合わせた場所で管理します。

観葉植物なら暖かな室内で冬越しさせてあげましょう。

 

ミニ盆栽

IMG_6303

小さな鉢の中に、大きな樹木の景色を作る 「盆栽BONSAI]

海外でもその神秘的なたたずまいで大人気です。

海外でも「BONSAI」です。

時間と手間を込めて作られた「盆栽」は素晴らしいですが

その雰囲気を手軽に始められる

小さな鉢で作られた「ミニ盆栽」はいかがですか。

草花園芸とは違い、目立った変化がない分 永く景色を楽しめます。

初心者の方が 植物栽培を始められるのにも適しています。

小さな鉢で育てるには ある程度のお世話が必要ですが

基本的に育てやすい品種で作られている場合が多いので

まずは「ミニ盆栽」から始め、いつかは本格的な「盆栽デビュー」なんてことも。

素晴らしい日本の文化に 親しんでみてください。

 

秋の鉢物

秋の大きな花のイベントは「菊花展」ですが

144de7cc442f4d57d15a2a46df51ba5c

京都府立植物園でも 10月20日から「菊花展」が開催されます。

伝統的な菊の数々を目にできる機会です。

素晴らしい 手の尽くされた花々を観賞しに行ってください。

そんな菊の鉢物ですが

最近では品種改良が進み、花の形が特徴的な品種が生まれました。

ダリアと見間違いそうな 「マム・ダンテシリーズ」です。

IMG_6293

花色もカラフルで 検弁咲き よく見るとマム(菊)ですが

剣弁の重なりの良い花弁で、一見した限りでは「ダリア」のように見えます。

IMG_6295

花色も豊富で 花上がりも良く 脇芽からも蕾が上がってきます。

個性的な マム(菊) 花保ちも良く 切り花にも最適です。

スポンサーサイト
  1. 2015/09/23(水) 17:20:15|
  2. お知らせ