まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

サルビアレウカンサ

サルビア レウカンサ

メキシカンセージとも呼ばれる シソ科の大形宿根草です。

IMG_6298

9月~10月に薄紫色の綿毛に包まれた蕾から

アメジスト色の花が咲きだします。

開花株では小型で植木鉢に咲かせていますが大型の宿根草で

来年は株も大型になり背も高くなります。

冬には地上部は枯れてしまいますが京都市内ですと屋外で

そのまま越冬し春に地際から新芽が伸びだします。

大きくしたくない場合には、6月中に三分の一程度剪定すれば

伸びはそこで止まり、脇芽が伸びだして花をつけるため

ある程度低く楽しむことが出来ます。

 

メドーセージ(サルビア グアラニティカ)

IMG_6304

こちらも大型になる シソ科の宿根草で

サルビアレウカンサ 秋咲きですが

こちらは 春から秋まで咲き続ける四季咲き性です。

レウカンサに比べて 少し小さめの樹形ですが 

60㎝から1mくらいの樹形になり

とても丈夫で 地植えにすると地下茎を張りながら

年々大きな株になります。

ほったらかしでも 良く咲き 良く広がりますので

手の行き届かないような場所でも 植えておくだけで

花を咲かせることが出来ます。

 

コレオプシス 「レッドシフト」

IMG_6282IMG_6287

クリーミーイエローの花弁の中央は赤色が入り

やがて その赤が広がっていく花色の片が楽しめる品種です。

種をつけない性質で、ハナガラ摘みをしなくても花数をたくさん楽しめます。

枝分かれも良く しっかりした茎が立ち上がり花上がりも大変良い品種です。

コレオプシス 「スタークラスタ」

花上がりの良い性質はそのままで 色違いの品種。

スタークラスタは気温によって花色の変化が楽しめる品種です。

IMG_6284IMG_6286

気温が高い間は 画像のようにクリームイエローの中心に赤紫色が入りますが

気温が低くなってくると 赤紫の部分が大きくなり

ピコティーのように縁取りまで入るようになります。

花色の変化を 季節の移り変わりとともにお楽しみください。

スポンサーサイト
  1. 2015/09/25(金) 17:19:39|
  2. 入荷しました!