まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

花苗入荷中!

コバルトセージ(サルビア レプタンシス)

秋にコバルトブルーの鮮やかな花を咲かせてくれるサルビアの仲間です。

鮮やかな花色が最大の魅力で、柔らかく細いラインで風そよそよと

揺れる姿がとてもさわやかな印象を与えてくれます。

育てやすく、寄せ植えや花壇に最適です。

_RST5500

IMG_6344_RST5495

植えっぱなしでも良く育つほど管理のし易い植物ですが

水はけの良い場所や培養土に植え込む方が育てやすいです。

冬には地上部が枯れ、春に新芽が伸びだし秋に開花します。

ほおっておけば樹高1m位に大きく咲かせることが出来ますが

低くしたい場合には7月までに1~2回半分くらいまで刈り込むと

ある程度低く咲かせることが出来ます。(サルビアレウカンサも同様)


ペラルゴニューム シドイデス

シルバーの葉がこんもりと茂り、その中から花茎が伸びだして

濃赤色の細い花弁の花を咲かせる ペラルゴニュームの品種です。

IMG_6318

IMG_6323

綺麗なシルバーリーフはカラーリーフとしても寄せ植えなどにも使いやすい。

水はけの良い培養土で植え込むと栽培も容易で、花期も春から秋までと永く

背はあまり高く茂らないので、花壇の寄せ植えの手前に使ったり

ハンギングバスケットなどにも使いやすい植物です。

大株になれば花数も増えますので豪華に花を楽しむこともできます。

耐寒性もあり、軒下などで管理すれば簡単に冬越しもできます。

名前もユニーク。


斑入りポーチュラカ

暑い夏でも元気に育ち、日差しにもよく耐える夏花壇の常連と言えば

ポーチュラカですね。 乾燥にも強いので植えっぱなしにしていても

次々 光沢のある次々に咲かせてくれ、目を楽しませてくれます。

そんなポーチュラカの中にも 美しい斑入りの品種があります。

IMG_6329

鮮やかな葉は、カラーリーフとしても使いやすく美しく主張してくれます。

真夏の花のイメージですが、朝晩の気温が低くなるこの時期の方が

花色も鮮やかになり、葉色とのコントラストが美しく楽しめます。

 

秋の花苗がどんどん入荷しております。

是非、覗きに来てくださいね。

スポンサーサイト
  1. 2015/09/28(月) 17:38:40|
  2. 入荷しました!