まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

スタンダードローズ。

今日は、スタンダードローズを。

台木を長く伸ばしてその上にバラを接ぎ木してあります。

高いところで咲くので、庭やベランダに立体感が生まれます。

作り方は意外と簡単で普通のバラと全く変わりません。

 

イングリッシュローズ「パットオースチン」

香り高い四季咲き性です。

大きな花がしなやかな枝にややうつむき加減に咲くので

スタンダード仕立てにはピッタリです。

DCS_9650

 

皆さんご存知でしょうが、この花は咲き始めがこのように美しいカップ咲きから始まります。

特に秋の花は深いオレンジ色で銅色という表現もうなずけます。

DSC_0099

 

花壇に植えるとこのように豪華な株立ちになります。

DSC_5124

 

とても珍しいチャイナローズ「粉粧桜(フンショウロウ)」のスタンダード仕立てです。

DCS_9726

 

四季咲き性で、甘くすっきりとした香りです。

コンパクトで横張気味の株は枝がしなやかで房になった花は同じくうつむき気味に咲きます。

DCS_9730

 

花弁数の多い、形良い花は時々春に咲かないと言われます。

長雨に当てたり、肥料が効き過ぎていたりすると咲かないことがあるので注意しましょう。

でも株が充実してくるとこのように春から秋までとてもよく咲きます。

DCS_9731

スタンダードローズに挑戦して見ませんか?

まつおえんげいのスタンダードローズは1年以上育てていますので、

イングリッシュローズの輸入株でも枯れる心配がありません。


フランス・デルバール

マダムフィガロ

2000年作出のバラですが、デルバールの代表的な名花として長く愛され続けています。

日本でも販売されている世界中で有名なファッション雑誌「マダムフィガロ」からいただいた名前です。

淡いピンクから、開くにしたがってピンクの潜む白に変化する花はとても美しく、

強いミルラの香りにも魅了されます。

qz (508)

 

充実株です。

しなやかな枝は枝先の方で広がるようになるので花の重みでうつむきかげんに咲きます。

DCS_9735

2年生大苗もご予約受付中です。

 

半横張りの樹形なので花壇や大きな鉢植えに植えるとこのように広がって咲きます。

ここでは石垣の上に大きなプランターを置いて咲かせているのでちょうど顔の位置で咲き、

見上げて花と香りが楽しめます。

そしてこのバラは半日陰でもよく咲きます。

DCS_2795

 

デルバールローズは古くから愛されている品種が多くあります。

多くが丈夫で育てやすいので見直してみてはいかがでしょう。


明日は、バラ教室の日。

「はじめてのバラつくり」

AM10:30~

参加費無料・自由参加です。

「バラに挑戦してみたい。」「いままで植物を触ったことがない」。という方でも大歓迎です。

バラはどんな植物? からはじめて。

1年間の管理をわかりやすくプリントで。

土や肥料、水やり等年間作業をわかりやすく説明します。

そして、四季咲き性の作りやすいバラも紹介します。

スポンサーサイト
  1. 2015/10/20(火) 17:33:08|
  2. バラ