まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

シンボルツリーが入荷。

ギンヨウアカシア

ミモザ、ミモザアカシアなどと呼ばれています。

オーストラリア原産のマメ科の樹木で

春には細かい黄色い花が咲きます。

DCS_0137

このように鉢植えで育てればあまり大きくならずに楽しめます。

店頭で販売しています。

 

オリーブ

モクセイ科の常緑樹木です。

日当りがよくて風通しのよい場所を好みます。

春に開花し、夏以降に果実を収穫します。

 

7号鉢(直径21センチ)高さ130センチ以上

DCS_0134

 

8号鉢(直径24センチ)高さ150センチくらい

DCS_0133

 

9号鉢(直径30センチ)高さ170センチくらい

DCS_0135

の3種類が入荷しました。

品質の高いオリーブを作ることで定評の、四国の生産者さんのオリーブです。

品種は、ネバディロブランコ、マンザニロ、レッシーノの3品種です。


やや大型のツルバラです。

今もこのように花が沢山咲いていてよく返り咲きます。

壁面やパーゴラ、高いフェンスなどにピッタリです。

DCS_0140

ロイヤルサンセット

花も大輪で甘く強いフルーツの香りです。

DSC_5253

 

ラプソディインブルー

深い青紫色のセミダブルの房咲きで、独特なスパイシーの香りがします。

とてもよく返り咲くシュラブ樹形のバラです。

アーチやフェンス等比較的コンパクトなツルバラとして扱えます。

DCS_0146

 

ハークネスのツルバラです。

パーキー

耐病性、耐暑性ともに優れた中型のシュラブローズです。

強い剪定をしてコンパクトに仕立てるもよし、ポールやアーチ、オベリスクなどで秋まで楽しめるツルバラとしてもよし。

色々な場所で自在に楽しむことのできるバラです。

房咲きの花は香りもよくて、咲き始めは中心がアプリコットに染まりますが。

DCS_9710

 

開ききるとこのように純白に変わります。

DCS_2414

 

明日は定休日です。

いよいよバラは週末位に満開を迎えようとしています。

今まで病気に悩まされてきた方も、もう消毒は控えても構いません。

とてもよく咲く四季咲き性で、

新たに新しい芽が出てきているような株はもう一度花が楽しめる可能性があります。

そんな株は葉を落とすわけにはいかないので続けて消毒が必要ですが、

返り咲き性などは後は休眠を待つだけなので

花が咲き終わると大変な作業はできいるだけ控えたいものです。

スポンサーサイト
  1. 2015/10/28(水) 17:39:30|
  2. バラ