まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

クレマチス完璧セミナー 最終回

3月から8か月間 一緒に育てながらセミナーを受けて頂た

「完璧セミナー」ですが 今回で4回目最終回を迎えました。

3

3月、6月、9月、11月と季節の節目節目でお集まりいただき

生育状況や開花具合を発表していただいております。

初めての方から、もうすっかりベテランの方まで参加頂いておりますが

皆さん びっくりするほど順調に育てておられます。

2

クレマチスを育てる時に 一番多い疑問点は

「切っていいんだか 悪いんだか ようわからん」と言うものでした

新枝咲きは花後に強く切らないと花が咲きませんし

旧枝・新旧両枝咲きの品種は 半分くらい切り取る

など 咲き方の違いで剪定方法が違い 花数が極端に少無くなったり

花が咲かなかったりすることがあります。

シーズンごとに開催のセミナーだけでは、ピンポイント過ぎて

一年の管理が良くわからない などのお話をお聞きしておりました。

このセミナーでしたら春の花が咲くまで、春の花後の剪定お手入れ、

2番花が咲くまで、2番花後の剪定、その後の管理

3番花が咲くまでの管理、その後の剪定方法 など

一年を通しての管理方法を、季節ごとに学んでいただくことが出来ます。

「まだ まだ 初心者なのでチョっと」とお考えの方も

初めての方から ベテランの方まで どなたでも楽しく

学んでいただける セミナーですので お気軽にご参加ください。

その他 初めての方用のセミナーや季節ごとのセミナーまで

色々なセミナーを開催しておりますので お気軽にご参加ください。

クレマチスのセミナー日程はこちらから

バラ・その他のセミナーは コチラ

お申込みは、お電話・FAX・mailにて 


「プリンセチア」

IMG_6884

この時期から入荷する「プリンセチア」

クリスマスを彩る明るい鉢物として飾られる方も多いのではないでしょうか。

プリンセスの華やかさと可愛さと、ポインセチアを

プラスして「プリンセチア」と言う名前が付きました。

カラフルな苞(色づいているのは花ではなく苞(ほう)が人気です。

そんなプリンセチアですが

今年は 八重咲きが登場!

「プリンセチア ローザ」と「ピンクシャンデリア」があたらしく仲間入り。

IMG_6889

この季節にピッタリの華やかさに、八重咲きの苞が豪華さをプラス。

明るい印象を与えてくれます。

IMG_6890

 プリンセチアは日光が大好き、日当たりの良い室内で観賞しましょう。

水のやりすぎも困りますが、乾燥させすぎたり、置き場所が寒かったりすると下の葉から落ちてしまいます。

水遣りは 土が乾いたら 暖かな午前中にたっぷり水やりをしましょう。

寒さはちょっと苦手。 気温が10℃を切るようでしたら室内へ取り込みましょう。

屋外に出して飾る場合には、夜だけでも室内に取り込むようにすれば長持ちします。

冬越しできれば 来年は大きく育てることも可能ですので

ちょっと気をつけてみてください。

スポンサーサイト
  1. 2015/11/07(土) 17:05:14|
  2. 講習会・セミナー