まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

お道具拝見

2年生大株が メーカーごとに入荷始まりました。

植え込み前の不要枝剪定に、冬の剪定にもハサミを使う機会が増えきます。

皆さんは 剪定ばさみをお持ちの事と思いますが

これから揃えようとお考えの方や買い替えをお考えの方のために、ハサミの違いと

まつおえんげいのスタッフはどんなハサミを、どんな時に使っているのか

ご紹介致します。

 

まず一般的な「剪定ばさみ」と言えば

IMG_7163

こんな形をご想像されるるのではないでしょうか。

植木屋さんが使っておられる、枝切りばさみ です。

見た目は同じでも 大きく値段に差がある場合がありますが

刃の材質、作り方の違いです。

永く使い続けると、研いだり削られたりして刃の大きさがだんだん小さくなってきます。

良い材料で作ってあるハサミは、刃の部分が小さくなっても切れ味長持ちし

使い込むことでだんだん手になじんできます。(手がなじむ?)

IMG_7158

使い込むと 手の当たる部分は削られて光沢が出てきます。 これ位使い込むと とても使いやすい。

価格が高いものは 基本的に 材質も良く しっかり作ってありますので

研いだり修理したりもできますので、永く使い続ける事が出来ます。

使用頻度と目的で選ばれてはいかがでしょう。

 

剪定バサミ

IMG_7162IMG_7161

堅い枝や太い枝を中心に剪定をするのに適したハサミで

刃先部分を焼き入れしゴムグリップをつけたタイプ と

刃先部分全体を焼き入れし持ち手部分まで一体型になった

本格的なもの もあります。

堅い物・太い枝を切るのには適していますが、細かい作業をするのには

刃先が曲がっていますので ちょっとやりずらいかもしれません。

やわらかいものを切ると 皮が残ってしまうようなことになり易い。

ツルバラの剪定や木立タイプの太めの枝が中心の方はこちらがおススメ。

 

細かい作業には 両刃芽摘みバサミ

IMG_7168IMG_7169

刃先がまっすぐな 両刃タイプの 「芽摘みばさみ」が便利です。

葉の長さが普通のタイプとちょっと長めのタイプがあります。

細かい作業ややわらかいものを切ってもスパッと切れ

草花園芸からバラの細い枝までは簡単に切ることが出来ます。

クレマチス中心にお手入れする方はこのタイプがおススメ。

 

中間タイプ 片刃芽切りバサミ

 IMG_7167IMG_7166

片刃の剪定芽きりタイプで先端が比較的まっすぐなので 細かい作業も

やり易く ある程度太めの枝(鉛筆の太さぐらい)までは簡単に切ることが出来ます。

クレマチス・バラ 両方お手入れの方はこちらが便利。

 

では 実際にスタッフがどんなハサミを持っているのか拝見してみましょう。

まず 社長から

IMG_7147IMG_7148

ハサミケースに ハサミ2丁 剪定鋏と芽摘みハサミ それと 小型のこぎり

剪定ハサミは200mmの大型サイズ

ハサミが大きいと 葉が大きく開くので太い枝までつかみやすく 切り易い

太い枝は無理してハサミで切ろうとせず、のこぎりを使います。

細枝を切ったり、ツルバラの枝を止めたヒモを切るときには 芽摘みばさみを使ったり

使い分けられるよう ハサミケースにはこれだけ用意されています。

シーンによって使い分ける。 そのためにハサミケースに用意しています。

 

マネージャー の道具

IMG_7155IMG_7156

ハサミケースは 同じタイプですが 中の道具は違いますね

ハサミは 剪定ばさみ 200mm 一丁だけ。

造園や植え込み作業も多いので メジャーや移植ゴテまで持ち歩いています。

使いたい道具は腰回りにあると便利ですが

ハサミケースにたくさん入れると重くなり疲れますので 使うときだけ入れています。

これだけ入れて動き回れるのは 若い証拠ですね。

 

クレマチス担当の冨永君の場合

IMG_7153IMG_7154

クレマチスやクリスマスローズなどの 柔らかい植物に使う場合が多いので

芽切りバサミが中心です。

普段は 芽切りバサミ一本しか持ち歩きませんが

バラの剪定などの場合には 剪定ばさみ180mm をプラスしています。

なぜ 180mmかと言いますと 200mmは大きく刃が開き つかみやすいのですが

何かの拍子に 手から離れてしまうと 握り直すのに少し手間取ることがありますので

あえて 小さめの180mmを使っています。 これなら片手で握り直せます。

ハサミケースは ベルトに通すタイプが腰にぴったりフィットするので好きですが

2年くらい使うと堅い皮の部分が柔らかくなり 腰にフィットしなくなるのと

芽摘みハサミは先端がとがっているので、ケースに穴が開いてしまいます。

でも、私たちの2年は毎日10時間くらい腰に下げっぱなしです。

普通の方の園芸作業なら まず大丈夫でしょう。

 

見てみると 剪定ばさみ と 芽摘みばさみ のセットが多いようです。

まず ハサミケースにハサミ1本から始められてはいかがでしょうか?

 

皆さんも お持ちの植物に合わせて道具も揃えてみて下さい。

迷ったら スタッフにご相談くださいね

スポンサーサイト
  1. 2015/12/01(火) 16:58:36|
  2. ワンポイント