まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

新しいカランコエ

まるで 緑色がかった白いバラの花のような蕾

カランコエ モアフラワーパリ です。 

1

デンマークの イェプセン社の最新品種です。

IMG_7264

蕾だけ見ると カランコエとは思えないほど コロンと大きく

バラの蕾のように重なりの良い花弁が、開くにつれ色づき

豪華さを演出してくれます。

とても花保ちが良く、開花してから約一か月半ほど花を楽しむことが出来ます。

IMG_7267

開花すると このように中心が盛り上がり 伸びるように開花し

一つ一つの花が長く楽しめます。

生育温度は15℃から25℃ 最低でも5℃以上必要ですので

屋外では管理できませんが、室内の日当たりの用意場所に置くと

ずっと花を楽しむことが出来ます。

多肉植物ですので頻繁に水やりは必要ありません

7日から10日に一回 培養土がしっかり乾いたら

暖かな午前中に 葉にかけないように与えます。

今までにない ふくよかな カランコエ

これからの注目品種 間違いなしですね。


香りのある オンシジューム 「トゥインクル」

 IMG_7269IMG_7270

オンシジュームは黄色い切り花で人気ですが

鉢物では小型の交配種で香りのある品種が人気です。

チョコレートのような香りが結構強く香りますよ。

オンシジュームの中でも丈夫で育てやすく

温度さえ注意すれば、比較的栽培も容易です。


シキミヤ

IMG_7276

蕾を楽しむ植物ですが 耐寒性が高いので寄せ植えにも使ってほしい。

関西なら屋外で充分越冬できます。

華やかな色合いの蕾が魅力で このまま春まで観賞できます。

組み合わせて使うと 他の植物をとても引き立ててくれるので使いやすい。

でも、鉢植えで出てくるものはピートモスで植え込んでありますので

土を変えて植え替え、寄せ植えや花壇で楽しんでください。

スポンサーサイト
  1. 2015/12/09(水) 17:30:37|
  2. 入荷しました!