まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

セミナー日和?

冬の準備が必要になるこの時期や季節の変わりめには 

バラやクレマチスの剪定方法、草花の寄せ植え 

などの講習会を開催しています。

 

一番お悩みになる 「バラの剪定」

昨日 12日には 「半ツル(シュラブローズ)の剪定方法」のセミナーがありました。

まずは温室内で 枝の伸びかた、花が咲く枝の条件、咲く場所

剪定・仕立て方の講義をお聞きいただき

_RST5658

その後は 実際に屋外に植え込んであるコンパクトなシュラブローズ

「ストロベリー・ヒル」を説明しながら剪定・誘引し、見て頂きました。

sutoroberi-hiru

IMG_7288

剪定前 枝が良く見える様に 葉の掃除をした状態

_RST5664

シュラブローズの特徴として、大きくすることも 同じ大きさを維持することも

剪定の位置を調整することで可能です。 

その方法を説明し、毎年アーチに収まるくらいの大きさになる

剪定の仕方をご説明させていただきました。

IMG_7329

綺麗に仕上がりました。

剪定後の様子も見に来てくださいね。

IMG_7333

剪定後の様子を見るのはとても参考になりますよ。

剪定し不要な枝を切り取ってしまうと、花が咲く枝と咲かない枝(部分)が出ます。

アーチやオベリスクに誘引するときには 咲かないところに 咲く枝を「誘引」し

花が全体まんべんなく咲くよう(可能な限りですが)考えながら誘引しておきます。

そうすると 春にはアーチ全体に花を咲かすことが出来ます。

剪定後の様子、枝の処理の仕方など 見に来て頂くとご自宅の剪定の時に

参考になると思います。 御来店の時にはぜひ見ていってください。


まつおえんげいは店内でのセミナーだけでなく、近隣の学校、女性会など

に、季節の寄せ植えやシーズンに合わせた植え込みなどの講習会にも出かけております。

IMG_0164

本日は 社長「松尾 正晃」がお伺いし 冬の草花の寄せ植えの講習をさせていただきました。

植え込む植物の性質、寄せ植えをするときのポイントなどの

お話しさせていただいてから、寄せ植えをしていただきました。

時期・地域・ご予算はご相談していただけますので、スタッフまでお問い合わせください。


クレマチス 冬のお手入れ方法 のセミナーも開催しました。

PC130040

クレマチスの育ち方のタイプ の説明、実際に剪定・植え替え・誘引を

して見て頂きました。

クレマチスの育ち方には(旧枝咲き、新旧両枝咲き、新枝咲き)の3タイプあり

それを大きく2タイプに分けて、剪定しながら説明し「剪定の仕方」を学んでいただき

鉢を一回り大きいサイズに植え替えて 「植え替えの仕方」

アンドンも大きなサイズに交換し、「誘引の仕方」「ツルの止め方」などを

見て頂きました。

実際の作業は もうできますが 来年の1月からが本番です。

そろそろ 準備を進めていってくださいね。

 

バラやクレマチスのセミナーは今後も続きます

お目当てのセミナーは コチラでチェックし ご参加ください。

きっと新しい発見がありますよ。

※必ずお申し込みが必要ですので、スタッフまで。

スポンサーサイト
  1. 2015/12/13(日) 17:22:56|
  2. 講習会・セミナー