まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

年末年始の営業のお知らせ

まつおえんげい 年内の営業は

2015年 12月 31日(大晦日)の12時(正午)まで。

※明日 12月 24日 木曜日はお休みさせていただきます。

年始は 2016年 1月 8日 金曜日 より通常通り営業いたします。

 

ログハウスの営業は

年内の営業は 12月 30日 午後4時まで

年始の営業は 通常通り 1月8日 午前10時オープン とさせていただきます。

 

2016年度も木曜日が定休日となります。

宜しくお願いいたします。

 


お正月の占め飾り は店内で作っております。

わらで作った 注連縄(しめなわ)は内と外を区別するために門口にかけ

その注連縄には お飾りとして 清廉潔白を意味する「裏白(ウラジロ)」

家督を代々引き継ぐという意味で「ゆずりは」

代々繁栄するようにと「だいだい(みかんで代用)」 の3品を水引で取り付けております。

IMG_7478

新しい年の 年神様 をお迎えするため

無病息災 を祈願するためにも 注連飾りをお飾りしましょう。


門松が出来るまで

お正月 商店や会社などの入り口に飾ってある「門松」

以前はまつおえんげいでも製作しておりました。

今年は 5尺サイズの門松を作ってみました。

まず 竹林で太さ、長さ を吟味しながら 切り倒します。

よくテレビなどで見る様に 地上部ぎりぎりで切れば 重さでドスンと

倒れるようなイメージですが 倒れないんです。

竹は 上に葉が茂り 重さも樹木ほどありませんので 地上部すれすれで切ったとしても

そのまま 立っています。 押しても倒れてくれません。

どうするかと言いますと、切った部分を持ち上げて ダーーーーーっと 走るんです。

そうすると 葉の部分が引っかからずに 真下に倒れてくれます。

竹の長さが10m位あれば 10m位倒れるスピードに負けないように走ります。

走るのが遅れると、葉の部分が途中で引っかかり倒れてくれません

引っ張って倒さないといけないので ちょっとしんどいんです。

だから ダーーーーーーっと 走って完全に倒します。

これが一番大変な作業です。

切った竹は 車に積める長さに切って 店に持ち帰り

IMG_7437

それを大きな 電気のこぎりで 3人がかりで 使用目的に合わせた長さに切断。

PC200164

切った竹は また使用部分に合わせて ナタで割ったり 

先を斜めにカットしたり それぞれの作業が入り いよいよ 門松作成です。

IMG_7480

木製の土台の周りに割った竹を張っていき ワクを作り

IMG_7483

長さに合わせて切った竹の先を斜めにカットしたら

3本組にして、組み立てたワクに取り付けます。

IMG_7488

中心の竹を固定して 縄でワクを結び固定させたら

門松の完成(仮)です。

IMG_7492

あとは中に、植物(松や梅(これで松竹)、南天の枝、葉牡丹、熊笹の葉など)

を入れれば完成です。

完成すれば まつおえんげい入り口に設置します。

 

竹を切るところから考えるといくつもの工程があり 結構時間もかかります。

電動工具が発達していますので一つ一つの作業は早く進みますが

昔の人のことを考えると、大変な作業ですね。

今回は 若いスタッフに作り方を見てもらい 経験してもらうために

作ってみましたが、久しぶりに作ってみると ワクの底を張るのを忘れたり

紐の結び方に悩んだり。 時々は思い出すためにも作らねば!

と感じました。

1月15日まで(松の内)は店頭で飾っています。

スポンサーサイト
  1. 2015/12/23(水) 17:33:14|
  2. お知らせ