まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

次のシーズンのために

お正月の準備が本格的に始まり、とってもあわただしい週末を過ごされている方も多いのではないでしょうか?
まつおえんげいも門松やしめ縄、お正月アレンジと新年をお迎えする準備一色となってきました。

PC270851

作成中のアレンジ門松。完成したらまたご紹介しますね~

 

 

バラも今年は遅くまで花が楽しめていますので、普段なら年内で剪定を終わらせている方でも、「まだ出来てなくって・・・」という方もいらっしゃるのではないかと思います。

今年に関していえば、気候的にも年始以降の剪定作業でも全然遅くありませんので大丈夫です!

あわただしい中済ませてしまうよりも、じっくりゆっくり剪定する方が、やはり良いものが出来ますし、

「どう咲かせよう?」と考えながらの作業はなかなか楽しいものです。

剪定作業は経験の浅いうちはどう切るのか解りにくく、難しいイメージのある作業ですが、

剪定のイメージをつかむことが出来れば、とっても楽しい作業に早変わりします。

何よりもサイズをコントロールして咲かせるのは、バラ栽培の醍醐味なんですよね。

 

 

年内の剪定講習会は終了してしまいましたが、年始からは冬季集中コースが始まります。


6546556


846465


 

このコースは途中参加よりも、全コース通して参加していただきバラを知り尽くすために用意した講習会です。

冬の剪定や誘引はもちろん、薬剤の事。肥料の事。植え替えの事。品種選びの事など、バラに関する知識をすべて得ることが出来る専門的なコースになっています。

「今年こそバラをしっかり勉強したい!」という方にお勧めの内容になっていますので、興味のある方はぜひお問い合わせください!

 

 

 

そして今回からは1月以降も単発受講可能なバラの剪定誘引の講習会も開催することになりました!

 

 


ジャンティーユ-(4)

こちらは冬場の剪定の作業を中心に、

「なぜ切らなければいけないのか?」

「どの枝が咲くのか?」

「どうすればサイズをコントロールできるのか?」

の3つのポイントと、バラってどんな植物で、どういう風に成長していくのか、についてお話しさせて頂きたいと思います。

最近バラを始められた方でも安心してご参加いただけるよう、解りやすく解説します。

もちろん、すでにバラを育てられている方にも、しっかりと剪定について再確認していただける深みのある内容です。

 

植物の栽培は、決まったマニュアルもなく、環境や種類によって大きく結果が変わってしまいます。

特にバラは人の暮らしとともに進化した植物ですので、人間のお手入れが不可欠です。

しっかりと咲かせてあげるのが、精いっぱい育ってくれようとしているバラへの恩返しだと思うんです。

 

今年は天候に大きく影響を受けた一年でした。

来年はより良いガーデニングイヤーになるといいですね~!

スポンサーサイト
  1. 2015/12/27(日) 16:57:23|
  2. 未分類