まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

DCS_0573

今年もよろしくお願いします。

 

昨年を振り返ると、

元旦から京都は20センチを超える豪雪でした。1日~2日は全く家から出ることが出来ないくらい積もり

バラや草花はすっかり雪に埋もれてしまいました。

でも10年以上前にはこのような光景は普通でしたけど。

画像1

 

でも、寒さにしっかりと当てられた株はじっくりと根を充実させて春を待ちます。

目に見えない部分で活動を始めています。

春の訪れは早くて

4月になればすっかりと葉が出揃って小さな蕾が見えてきます。

画像3

 

早咲きの花は例年通りに開花が始まりましたが、

5月の30度を超すような高温で今年は全体的にはやや咲くのが早くて開花時期も少し短かったようでした。

画像4

 

バラのイベントにもたくさん参加させていただきました。

国際バラとガーデニングショウに2度目の出店。もちろん今年も参加します。

画像5

 

そのショウでデビューしたまつおえんげいのローズアンシャンテシリーズの新しいバラ

「ラ・ベル・ポー」。

画像5-1

 

ハウステンボスにも。

画像6

 

1ヶ月も開花の遅い白馬コルチナ高原に初めて。

前日の大雨が嘘のように晴れ渡り、すがすがしい高原での一日でした。

画像7

 

そして

京都の8月は最近では最高を記録するような高温。

9月は晴れる日が30%くらいという雨続き。

今年は本当に消毒をよくしました。

暖冬やエルニーニョの影響などでこれからは、

気候の変化が植物にとって大きな課題になってくるかもしれません。

画像8

 

しかし、10月のバラシーズンは1ヶ月雨が降らずに秋バラが最高にきれいな年でもありました。

今後はバラの見ごろは秋になるのでは?

と思うほどでした。

 

そして年間50回を超えるバラ教室。

画像9


今年もさらに充実させて「初めてのバラつくり」と「夏剪定」、「冬剪定」の回数を増やします。

 

「何故?」を「そうかあ!」に替えられるようにわかりやすく説明できるよう、

春から秋まで行っている「バラ教室」はレジュメをさらにわかりやすくまとめて、

初心者の方々にもわかりやすく説明できる解説を心がけ。

 

「冬季集中コース」、新しく新設した「短期集中コース」では

約80ページ(別紙資料含む)にも及ぶ資料と、栽培本、バラとクレマチスカタログをまじえて

バラつくりを何年もされている方々にも納得していただけるような

専門知識を含めた充実した教室にしたいと思っています。

 

「レジュメ」もすべて書き直し、

「バラの疑問・早引きチャート」を新しく作り、知りたい事柄をピンポイントで探せるようにしました。

そしてバラや色々な植物の素朴な疑問に答える「コラム集」も作りました。

画像10

これからバラを始めようと考えていらっしゃる方々が「やっぱりよくわからないし難しい」

とあきらめることなく楽しんでいけるようにお手伝いができるようにしていきたいと思います。

 

バラに関する用土や活力剤、肥料なども試験栽培の結果のよいものがあるので新しい仲間が増えそうです。

 

その他にも、草花や宿根草も昨年以上に充実させて、

できるだけ花が咲いた姿を見ていただけるように見本鉢を充実させて、

スタッフもどんな質問にもお答えできるように勉強していきます。

 

ログハウスのテラスも新しく張り替える予定です。

今度は丈夫なデッキ材を使用し、より快適にくつろげるようになります。

新年営業は1月7日(金曜日)より「まつおえんげい」、「ログハウス」ともに午前10時より通常営業です。

 

本年も益々進化するまつおえんげいをどうぞよろしくお願いします。

松尾正晃

スポンサーサイト
  1. 2016/01/01(金) 00:00:00|
  2. バラ