まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

始まりました。

バラ栽培教室 冬季集中講座 

いよいよ今日から 始まりました。

第一日目は 学科です。

「学科? って何?」と思っておられますか。

剪定をマスターしていただくためには、バラの枝がどのように育ち

どの部分に花を咲かせるのかを知っていただく必要があります。

IMG_7649

バラの剪定作業は、疑問点がたくさんありますね

そのまま剪定を進めると たくさん枝を残すことになり

枝が混み合ったり、花数が減ってしまったりする場合があります。

そんな疑問を解決していただくためにはセミナーを受けていただくのが一番です。

このセミナーはバラの生育の仕方から学んでいただき、剪定の方法まで

学んでいただきます。

実際のバラを剪定して見て頂き、受講されておられる方も剪定していただきます。

集中講座の 「Aコース」は学科を受けていただくことが必須になっておりますが

「B(植え替え)」~「E(色々なバラの楽しみ方)」コースまでは 

お申込み受付中です。

 

今年から 

日程の調整が難しいとのご意見から生まれた講座

短期集中講座(バラだけを考える2日間)も開催いたします。

こちらは 若干空きもございますのでご検討ください。 

 

剪定の仕方のセミナー受講をご希望の方は

「バラ栽培教室 講師:松尾祐樹」の方をご検討ください。


クレマチスの剪定 注意点VOL.2

クレマチスの剪定作業の時、枯れた葉を切り取ります。

どれくらい残して切るのか と言う質問を頂きます。

IMG_7643

生育の事だけ考えればどこで切っても変わりはありません。

でも、作業性の事を考えれば 葉柄(ヨウヘイ)はなるべく短くなる様に

カットしましょう。

長く残っていると ツルを誘引するときに他のツルに引っかかり

ツルが折れてしまったり、ちぎれてしまうこともあります。

短く切れば 作業性も良くなりますのでおススメです。

でも この時の注意点は 「花芽を傷つけない事」 です。

IMG_7645

このようにハサミを入れれば 花芽を傷つけることなく切れますが

IMG_7648

パチパチ この向きにハサミを入れて切っていくと 花芽を

傷つけてしまうことがあります。

花芽ひとつで10輪ほどの花が咲きます。

ハサミの向きにも注意して剪定しましょう。

 

新枝咲き品種の剪定

新枝咲き品種は「強剪定」 地上部の枝はすべて切り取ると

3月には地際から新芽が伸びだし5月前後に開花します。

わかってはいますが こんな芽を見ると

IMG_7642

切るのを躊躇されるのではないでしょうか。

burapuri

ビチセラ系の「ブラックプリンス」ですが

この暖かさも影響したのか、元気に新芽が動き出しました。

このまま残してもいいですか? とお聞きになります。

残した場合はどうなるでしょう。

残した芽からツルが伸びだし、地際からもツルが出て 沢山のツルが伸びます。

そうすると、一本に送られる養分が分散してしまい 花が咲かないツルが出て

ツルは伸びたけど、花が少ない株になってしまうことがあります。

株の力に見合ったツルの本数にするためにも

もったいないかもしれませんが、地上部のツルは切り取ってあげましょう。

でも、地際から伸びてきてくれるか心配 と感じる方は

地際一節残して剪定し、3月に出てくるツルの本数を確認して

その時に 数を調整してもかまいません。

 

冬のクレマチスのお手入れで不安な方は

セミナー「冬の剪定管理と植え替え」 のご参加もご検討ください。

 

この暖冬の影響でクレマチスも新芽が例年より早く

動き出していますので、早めに剪定作業を進めていただくことをお勧めします。

スポンサーサイト
  1. 2016/01/10(日) 18:11:17|
  2. クレマチス