まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

薬草?毒草?

 

まつおえんげいにちょっと珍しい苗が入荷しました。

P1110876

P1110877

そうトリカブト!

 

数年前に長野の「白馬五竜高山植物園を訪ねた際に、きれいに咲いていた姿を思い出して仕入れてみました。

 

DSC_0496[1]

すごく透明感のあるブルーが発色よくとても美しい植物なんです。

あいにく暑さには弱く夏越しは少し難しいのですが、春~初夏にかけてのお楽しみですね。

個人的にもひとつ育ててみようと思います。

 

トリカブトのイメージっていうと、、そう「毒草」ですよね

こういう植物を目にされると「危なくないんですか?」って尋ねられることがあるのですが、実際毒のある植物ってかなり多いんです。

 

P1110875

クリスマスローズの学名「ヘレボルス(Helleborus)」の意味も「食べると死ぬ」という意味で、毒はあります。

 

 

P1110878

宿根草ガーデンの主役「ジギタリス」も有名ですよね

 

こういった毒性のある植物は、稀にかぶれてしまう方もいらっしゃるそうなので、心配な場合は手袋をして作業するようにして、

作業後は手洗いしましょう。あたりまえですよね(笑

この時期お店にある中で有名なものだけでもこれだけあります。

毒のあるなしで考えるとまだまだキリがないですね


 

毒性のある植物は育てても問題ないのか?

特に規制されているものではないので、ご安心を。

 

シンプルにお花が気に入っているから育てる。きれいだから楽しんでみたい。

僕の場合は、白馬五竜で見たトリカブトの美しさをご紹介してみたい!ただそれだけです。

 

とってもきれいなトリカブト、見かけて興味があったらぜひ咲かせてみてくださいね~


 

松尾祐樹の第1回目の「冬の剪定誘引」のセミナーを11日に行いました。

IMG_7659

普段は通常の接客で説明している内容なのですが、セミナーとなると少し緊張しますね(笑

同じ植物の中でも品種や系統によって大きく性質が違うバラ

コンパクトな品種や、半つる、大型のつるなどサイズの違うバラでも
基本的な「バラ」という植物ですので、実は性質は似ている部分もあります。

まずバラという植物のお話しから、樹形ごとの剪定についてお話しさせて頂きますので、
より解りやすくご理解いただけると思います。

バラってどういう植物なのか?

剪定ってなぜするのか?

咲く枝の見分け方と開花のルール

などなど、しっかりとご説明させて頂きます。


すでにバラをたくさんお持ちの方から、初めての方まで、
深く解りやすい内容を心がけていますので、ぜひ一度参加してみてください。

 

【セミナー日程】

http://matuoengei.blog101.fc2.com/blog-entry-1620.html

スポンサーサイト
  1. 2016/01/14(木) 18:15:28|
  2. 未分類