まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

レア プランツ

IMG_7844

観葉植物や多肉植物の珍しい品種を「レア プランツ」と呼ばれています。

今回は なかなか入手しにくい ちょっと珍しい品種を集めてみました。

目にする機会も少ない植物達ですが、ポイントをつかんで管理すれば

無理なく冬越しもできます。  

IMG_7847

「ペペロミア・プロストラータ」

別名「タートル(亀)」と言われる通り、葉の模様が亀の甲羅を連想させてくれます。

IMG_7858

あかるい暖かな場所で乾燥気味に育てます。

 

 

IMG_7860

「ペペロミア・ホープ」

丸いコイン型の葉が節ごとに付き、節と節との間隔が開くのが面白い。

葉にもうっすら模様が入り、見ていると惹きつけられる魅力がある。

育てやすく管理もし易い。

 

IMG_7849

「エスキナンサス・ツイスター」

赤道直下に自生する半ツル性の植物で、株が充実すると

赤い筒状の花が咲きます。

葉がくるりとねじれているため「ツイスター」の名前が付きました。

強い日光と、寒さに注意して管理します。

乾燥気味に育てるほうが良いのですが、湿度は高い方が良いので

暖かな時に葉水を与えるようにすると良いでしょう。

 

IMG_7851

「アポロカクタス・マルソニー」

タコの足のように長く伸びた茎が特徴的な「紐サボテン」とも呼ばれる

サボテンです。

大きくダイナミックに楽しむ方がより魅力を感じることが出来ます。

乾燥にはめっぽう強いので、特に冬場はしっかり乾燥させてから

暖かな午前中に水やりをします。 暖かな日に葉水を与えるのも効果的です。

 

IMG_7854

「アポロカクタス・メラニー」

同じ種類の「マルソニー」に比べ細い茎が長く伸びるタイプ。

新間の赤い色と上向きにぴょんぴょん伸びあがっている姿が愛らしい。

 

IMG_7856

「ホヤ・カルトサ・コンパクタ」

肉厚の葉が特徴的な「ホヤ」の仲間でツル状に茎が長く伸びるタイプ

カールした葉が特徴的で、少し遮光した日光が良く当たるように管理すると良い。

乾燥気味に管理するほうが良いが、暖かな日に葉水を与えると

つやつやの葉が長く楽しめる。

 

IMG_7862

「ホヤ・リネアリス」

細長い葉が長くすだれのように下がる品種です。

すだれと言われると 聞こえは悪いですが 良い雰囲気の存在感です。

日光が当たると 葉が輝くと言われています。

日当たりの良い場所で、乾燥気味に育てましょう。

 

IMG_7865

「ホヤ・クミンギアナ」

緑色の星形の花が咲く品種。 大きく伸ばし豪華に楽しむ方が魅力的。

 

IMG_7857

サボテンは このトゲが規則正しく渦巻き状に並んでいるところが魅力ですね

高いところから町を見下ろしているような気分になります。 ジオラマのようですね。

 

寒い日が続きますが、暖かな温室で少し緑や花をを眺めてみてください。

スポンサーサイト
  1. 2016/01/26(火) 17:42:50|
  2. 入荷しました!