FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

オールドファッション。


伝統的な、日本人の独特な感覚で作り上げた純和風の寄せ植えやお飾りはいかが?
まつおえんげいはバラやクレマチスだけじゃあないんですよ!
こんなものまで手作りしています。
DSC_4515.jpg




玄関を飾る「しめ飾り」全てまつおえんげいの手作り、もちろん「うらじろ」「ゆずり葉」「ダイダイ」も本物です。
DSC_4488.jpg


葉ボタンの寄せ植え、紅白でおめでたいですよね。
DSC_4498.jpg


そして玄関や床の間を飾る「松竹梅の寄せ植え」

皆さんご存じ日本の伝統文化「盆栽」。

その中でもお正月の玄関・床の間を飾るおめでたい盆栽として古くは江戸時代から
鑑賞されてきた、日本人の寄せ植えのルーツです。
それが「松竹梅の寄せ植え」です。
植木鉢の中に小宇宙をあらわしています。
御正月を飾るにふさわしい松・竹・梅とおめでたくそして縁起の良い植物を
生け花の「お生花」のように黄金比に近い位置に配置し、それらを引き立てるように
実が美しく江戸時代からお金の(十両)と呼ばれていた「ヤブコウジ」や、
厄除けに今でも庭に植えられている色の美しい「南天」、そして福を呼ぶ植物として古くから
親しまれてきた「福寿草」と、
古くから日本人が親しんできた植物を小さな植木鉢いっぱいに配置しています。
そして、「苔」で山を、「石」で崖や丘を表し、「白砂」は川・池・海を表現しています。
普段味わうことのできない壮大な風景を小さな植木鉢の中に詰め込んだ、素晴らしい日本の寄せ植えです。

洋風な寄せ植えが好まれている現在ですが、「まつおえんげい」ではこの素晴らしい「松竹梅の寄せ植え」を
作り続けていきたいと思っています。

尚、「松竹梅」には地方によりスタイルが異なります。
ここにあるものは「京都スタイル」で、「梅」が主になっており」「松」・「竹(笹)」が添えになります。
梅と松で三角形を形どり、梅の枝は植木鉢の四隅に向かって伸びるように配置しています。

DSC_4472.jpg
DSC_4479.jpg


まつおえんげい創業以来4代にわたって作り続けています。

スポンサーサイト



  1. 2009/12/24(木) 12:20:00|
  2. matsuo