まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

春の先取り

ここ数日の気温はすっかり春?ですが

まつおえんげいの店内にも 春を知らせる植物が入荷しています。

 

「ハーデンベルギア」

IMG_8322

オーストラリアとタスマニア島原産の常緑低木ですが

枝はツル状に伸び成育します。

花色は紫と白色の2色(2株)を合わせて開花かせた花鉢が

この時期に出回り華やかに彩ってくれます。

IMG_8321

はながらを切りながら管理すれば

5月頃まで次々開花しますが

屋外で寒さに当てて傷めてしまったり、夏に強い日差しで

日焼けさせたりしてしまうことが多いようです。

この時期に出回りますが 強い寒さには弱いので

屋外で霜に当たると寒さで傷むことがあります。 

暖かい地方では軒下に置き

寒くなる場合には室内の窓際で管理するほうが良いでしょう。

花後は はながらを切り(少し剪定しても良い)

一回り大きめの鉢に植え替えて

7月頃までしっかり肥料を与えツルを伸ばしながら育てます。

真夏の暑さも苦手ですので、夏は半日陰に置くか ヨシズなどで

少し遮光し、風通しの良い場所で管理しましょう。 

ちょっと気をつければ簡単に夏越しもできます。

翌春には大きな株になり たくさんの花を楽しむことが出来ますよ

 

「コデマリ」

IMG_8324

お庭や公園などでも良く見かける 「コデマリ」 

「ユキヤナギ」と並び 春に人気の花木。

春を告げてくれるように純白の花を咲かせてくれます。

IMG_8325

丸い花房が充実した枝に コロコロと咲く姿が愛らしく

とても人気のある花木です。

あまり背が高くならずに鑑賞できるところも魅力。

春の花後に伸びだした枝の充実した部分に来年の春花を付けますので

花後そのままにしておくと 一回り大きな姿で開花します。

樹形を大きくしたくなければ、花後に強く刈り込むと

来春も同じくらいの大きさで鑑賞することができます。 

管理も楽でよく育ち 手間のかからない花木です。

スポンサーサイト
  1. 2016/03/08(火) 18:07:35|
  2. 入荷しました!