まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

オステオスペルマム

コンパクトで、株を埋め尽くすほどたくさんの花を咲かせる


「オステオスペルマム・セレニティー」


IMG_8535.jpg

デモルフォセカとの交配で生まれた バリエーション豊かな


艶のある鮮やかな花色が5月いっぱいまで


花壇や植木鉢を 彩ってくれます。


しっかり肥料を与えると花付きがとても良くなる品種です。


植え替えの時には 「プロスタイル肥料


を土に混ぜ、置肥も併用します。


IMG_8545_20160314142025357.jpgIMG_8543_20160314142023c6d.jpg

これからは あまり心配いらないと思いますが 霜などにあてると


花びらや葉の先が寒さで傷んでしまうこともありますので


日当たりの良い軒下 などが適しています。


IMG_8541_20160314142022f91.jpgIMG_8539_2016031414202134f.jpg

蕾はいっぱい控えていますので、ハナガラをまめにつみ


下の蕾によく日を当てると 次々咲き続けます。


IMG_8537_2016031414202021a.jpgIMG_8547_201603141424134a0.jpg

5月いっぱい花を楽しんだら、一回り大きめの鉢に水はけの良い土で植え替え


暑さは少し苦手なので 出来るだけ涼しく風通しの良い場所で夏越しさせると


秋から5月いっぱいまで 咲き続けます。


 


そんな「オステオスペルマム」に 八重咲き登場!!


「ダブル オステオスペルマム」


IMG_8549_20160314142414ff1.jpg

大変豪華で 豪華で品のある花びらで


一輪咲いていても 存在感が引き立つ品種です。


IMG_8550_20160314142416f0e.jpgIMG_8552_201603141424122aa.jpg
IMG_8551_20160314142411cc2.jpgIMG_8553_2016031414265781d.jpg


ダブルのオステオはとっても珍しく 流通量も少ないので


お早めに 手に入れてくださいね。


育て方はどちらも 同じでこの時期には日当たりの良い軒下が良いでしょう。


春先に アブラムシが発生することがあります。


ハンドスプレータイプの 殺虫殺菌剤があると 


気が付いた時噴霧できて便利です。

スポンサーサイト
  1. 2016/03/14(月) 18:11:35|
  2. 入荷しました!