まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

室内で楽しむ かわいい世界

小さな容器や 額縁などに 花を盛り付ける様に植え込んだ


ミニのサボテンや多肉植物。


IMG_8606.jpg

コンパクトで どこにでも飾ることが出来


少しのスペースがあれば 小物を置く感覚で飾ってみませんか。


お手入れも 霧吹き程度で十分管理できます。


乾燥気味に育てれば 寒さも大丈夫。



IMG_8589_thumb_20160316143650.jpgIMG_8591_thumb_20160316143653.jpg

多肉植物なら とげもなく 小さなお子様がおられても安心して


育てることが出来ます。


でも、サボテンの魅力も捨てがたい


それはやっぱりトゲと幹の姿ですね。


IMG_8601.jpg

規則正しく並んだトゲをじっくり観察してみてください。


愛おしく感じませんか。 こちらもまるでジオラマのよう。 


IMG_8602_thumb.jpg

サボテンの花は株が充実しないと咲きませんが 


花にツヤがあり 小さくてもよく引き立ちます。


IMG_8600_thumb.jpg

柱サボテンに接木をして色を楽しむサボテン「ヒボタン」シリーズ。


IMG_8603_thumb.jpg

多肉質の姿と トゲとのコラボを楽しむサボテン。


IMG_8604_thumb.jpgIMG_8605_thumb.jpg

ウサギの耳のような形に 成長するウチワサボテン「バニーシリーズ」など


大きい物から ちっちゃなものまでいろいろ入荷しています。



IMG_8609.jpg

レア品種や吊鉢も入荷しています。


是非 覗きに来てくださいね。


 


サボテンのとげは 先がカギ状になっていて抜けにくくなっています。


いつまでもとげが残り いたずらされないようにできているんですね。


でも、革製やゴム製の手袋で作業すれば安心ですので


植え替えの時には 用意してください。


何もない時は 新聞紙でつかむと意外と大丈夫ですよ。


滑ってつかみにくい場合には、少し湿らせるといいです。


 


多肉植物は夕方から夜にかけて 生育します。


日中の暑い時間には呼吸せずじっとお休みしていますので


霧吹きなどで水やりする場合は、夕方がおススメ。


活力剤や液体肥料を薄めた水分を補給してあげましょう。

スポンサーサイト
  1. 2016/03/16(水) 17:38:03|
  2. 入荷しました!