まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

バラと仲良く!! バラと楽しく!!

まさに花曇り。

花を愛でるのには最高の日よりでした。

暑くもなく寒くもなく、しかもうっすらと雲がかかって、

カメラを手に来店されていらっしゃる方が多かった一日でした。

でもまだ少し早いようです。

園内の植え込んであるバラは少しづつ咲き始めていますが。

 

今年は冬剪定で今まで豪快に咲かせていたバラを少しコンパクトに修正しました。

「ツルバラが大きくなりすぎて、手におえないからもうバラ栽培をやめようと思っている」

というお声を昨年よく耳にしたので。

 

リフレッシュ。というわけではありませんが、

大きくなりすぎて手を持て余しているバラ。

剪定で生まれ変わって昔の美しさと若々しい姿を見ていただきたい。

僕ではありませんよ(笑)

これこそ「バラと仲良く!!」ですね。

 

ガゼボ一杯に覆っていたクレパスキュルと壁面を作っていたマダムアルフレッドキャリエール。

DCS_1665

 

クレパスキュルの反対側、コーネリア。

DCS_1663

 

切り花のレッスンルーム前の入り口でドームのように咲いていたスノーグースもコンパクト。

DCS_1672

 

2.5M角のフェンスで咲いていたクラウンプリンセスマルガリータもオベリスク仕立てに。

DCS_1661

 

こちらはそのまま。

アーチ右側ゴールデンセレブレーション。

同じようですが、シュートの発生を強く促した剪定誘引です。

DCS_1664

 

アーチ反対側ストロベリーヒル。

こちらもシュートをできるだけ下から出るように誘引しています。

DCS_1667

 

自宅を隠すように咲かせていたグラハクトーマス。

遠くまで伸ばして広く咲かせていた枝をバッサリと切ってコンパクトに。

きっとたくさんのシュートが株元から出ます。

DCS_1666

 

中庭のシンボル大王松の太い茎まで伸びあがっていたロイヤルサンセット。

下のバラの日当たり確保の為、小さく剪定。

DCS_1668

庭で我が物顔で威張っていて手におえないバラや植物があったらご相談ください。

「バラと楽しく!!」過ごせるようにご提案しますよ。

スポンサーサイト
  1. 2016/05/07(土) 19:55:44|
  2. バラ