まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

そろそろ病気にご用心!

バラフェアが始まってから初めての雨

 

それほど強くは降っていないので、これからの開花には影響はなさそうで一安心です。

明日の朝にはやんでくれそうです!

 

P5160734

ペーターローセガー

個人的にお気に入りのバラ。四季折々の表情が楽しめる半つるタイプ。

 

 

P5160737

カーディナル・ヒューム

優秀な房咲きで開花量が多いので、雨で傷んでもすぐ次が咲いてくれます。

 

 

花の終わりが早まるのは悲しいですが、雨の中咲くバラもキレイですよね~

 

 

P5160739P5160740

お店の入り口横で咲いてくれている「サンセットグロウ」

このバラは花弁も比較的しっかりしていて、雨の影響をあまり受けません。

個性的な花色ですが、ローメンテナンスでも咲かせやすい優秀な半つる性のシュラブローズです。

 

そしてこの雨のあと、気温は一気に30度近くまであがる予報です!

黒星病の発生には絶好の条件が整ってしまいますので、火曜日か水曜日には対策してあげたいですね!

 

まつおえんげいも火曜日の夕方には黒星病対策の消毒をします!

黒星病の薬剤散布のコツは2つ!

「葉裏を重点的に!」と「ムラのないようしっかりかける!」

 

黒星病は葉裏に病原菌が存在しています。

葉裏に付着した菌が葉を貫通して葉の表面に黒斑を生じさせます。

黒斑が出ている葉は、すでに他所へ菌を飛ばしたあとなんです!

ですので、黒星病の症状があるバラは、症状のある葉と「症状の無い葉の葉裏」に薬剤をかけるのがポイント!

 

さらに、黒星病など病気の薬剤は、病気が抵抗力をもってしまうと効きづらくなってしまいます!

1回1回の薬剤をしっかり聞かせることが大切ですので、かけムラのないようにしっかりと散布してあげてくださいね。

 

バラの作業は数珠つなぎです。これからの時期に病気を出さないことが秋の花の量、しいては来春の開の量にもつながりますので、

梅雨明けまでは予防をがんばりましょう!

スポンサーサイト
  1. 2016/05/16(月) 17:57:10|
  2. 未分類