まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

明日から岡山。

気温は28度と高いもののカラッとした爽やかな天気でした。

おかげで一層焼けたようです。これ以上黒くなると日本人ではなくなりそうです。

 

夕方庭を歩いて目にとまったクレマチス。

龍安(リュウアン)です。

インテグリフォリア系で暑さにも強くて作りやすい品種です。

花弁が4枚だったり時には5枚になることもあります。

DCS_2416

 

バラの陰でそっと咲いているさまは控え目で清楚な感じですね。。

DCS_2417

 

今日は花後の剪定をしました。

ツルバラを中心に新しい枝の出る位置を作るためです。

壁やアーチ、オベリスク一杯に咲かせたバラをそのままにしておくと高くて遠い所から枝が勢いよく出ます。

植えて間もないバラでもっと大きくしたい時はそのままでも構いませんが、

もう壁など一杯に茂って健康な株は少し小さくしてあげると低いところから枝が出て、

冬剪定の時に誘引がしやすくなります。

 

アーチに咲かせたイングリッシュローズ「ストロベリーヒル」。

毎年このアーチの左側にピッタリと咲くようにしています。

DCS_1803

 

花型、色、香り、葉、棘は多いけれど扱いやすい枝、好きですねえ。

DSC_0245

 

花後に毎年これくらいまで切ります。

何気なく同じ高さで切っているように見えますが、

実はそれぞれの枝は切る高さを変えて切っています。

そうすることで色々な位置に花の咲く枝が出来上がります。

是非ご覧になってください。

DCS_2405

 

反対側の「ゴールデン・セレブレーション」

アーチやあまり大きくない壁面などに向いています。

これも同じように切っています。

こちらは咲いている時には京都にいなかったので残念ながら開花の様子は撮影できていません。

DCS_2404


明日の午後から岡山へ向かいます。

岡山農業公園ドイツの森クローネンブルクにて

6月5日(日)11:00と14:00の2回

「バラのガーデントークショウ」が開催されます。

この公園では、今年ガーデンデザイナーの阿部容子さんの監修で

新しく約100品種・1100株のバラが植えられました。

そんなバラを眺めながらのトークショウで、

阿部容子さん、New Rosesご存知の玉置一裕さんと一緒にトークショウをさせていただきます。

お近くの方はのぞいてみてくださいね。


いよいよ明日から二日間まつおえんげいでは特別セールが始まります。

タクトのバイオゴールドが20%OFF(店頭販売のみ)この機会にお忘れなく。

根の張りや株の仕上がりを実感してください。

スポンサーサイト
  1. 2016/06/03(金) 18:33:20|
  2. バラ