まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

葉の大きさが違う!

雨の日の「カーディナル・ヒューム」

雨からしべを守るために花弁を閉じてじっとしています。

何か頑張っている感じがしおらしいですね。

半横張り気味の小型~中型のシュラブローズです。

アーチやオベリスク、小さな壁面やフェンスなど使い道の多彩なハークネスローズです。

渋い赤紫色の花はよく返り咲き、

生育は穏やかなのであまり大きくなってもらいたくない場所や半日陰でもよく育ちます。

DCS_2507

素晴らしくよく育った開花株があります。

 

踊場(オドリバ)。

ヴィオルナ系で作りやすいおすすめの品種です。

チューリップのようなベル型の花がみんなで踊っているように見えます。

比較的よく伸びるので高く這わせて目線より上で咲かせましょう。

DCS_2477

DCS_2474


今日、お客様からお問い合わせがありました。

これはハークネスローズの「レイクランド・ローズ」。

オベリスク仕立てにしてあります。

左側から勢いよく出ている枝を見てください。

春に新しく出てきたシュートです。

でも何か違うと思いませんか?

DCS_2531

 

台木(ロサムルティフローラ)が出てきているのではないことは葉や枝を見ればわかります。

でも葉の大きさが全然違います。

もとある葉は小さくて、シュートの葉は形や姿は一緒ですがとても大きいです。

これはよくあることです。

根のあるスペースが十分あって元気で勢いのある株ほど、

シュートや枝の途中から出る新しい枝はとても元気で勢いがよいので枝は太くて葉も今あるものより大きくなることがあります。

このシュートから今後出てくる枝の葉は今までの葉と同じ大きさになってきます。

葉の数が同じで形や色も同じなら安心して育ててください。

大切な今後の枝に成長しますので。

左がシュートの葉、右側がもとあった葉です。

DCS_2535

ブログのネタに困っている時にお客様からのお尋ねは本当にありがたいものです。

ありがとうございました。

 

まつおえんげいでは今日から新しいサマーセール企画を開始しました。

花苗の割引10%OFF。

バラ苗をお買い上げの方にお試しの肥料をプレゼント。

そして、梅雨を乗り切るバラの手入れグッズが10%OFF。

等、26日まで続きます。

DCS_2536


明日はバラ教室「初めてのバラつくり」です。

6月8日(水曜日) 10:30~11:30 約1時間位です。

参加費無料、当日参加自由、レジュメもついています。

これからバラを始めようと思っていらっしゃる方のために

わかりやすくバラの種類や年間の簡単な管理方法などをお話しします。

そしてはじめてでも咲かせられるおススメのバラも紹介します。

お気軽にご参加ください。

スポンサーサイト
  1. 2016/06/07(火) 18:10:20|
  2. バラ