まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

ロングラン。

降りそうで降らない今日。

湿度は十分です、別に必要ありませんが。

 

今年から計画した、「バラフェア・ロングラン計画」。

1番花を早めに剪定したり、

少し標高の高いところで開花させて通常より長く遅めに楽しめるようにしました。

 

そのおかげでまつおえんげいは今でもこんな感じに咲いています。

DCS_2592

 

もちもちやや遅咲き性の多いデルバールやギヨローズ。

DCS_2593

 

ブッシュタイプの四季咲き性は2番花が咲き始めています。

DCS_2594

 

ハークネスローズも2番花です。

DCS_2595

 

その中から、ギヨ・ローズを。

「プリ・P.J.ルドゥーテ」

やや直立気味に生育が旺盛なので、高めのブッシュに仕立てて楽しむか、

オベリスクやフェンス仕立てにするのもいいでしょう。

秋にもよく返り咲きます。

DCS_2577

 

「レスポワール」

コンパクトなブッシュタイプに仕立てます。

四季咲き性でスパイスの香りが強くて作りやすいブッシュローズです。

DCS_2585

 

「ダン・ポンセ」

コンパクトなまとまりのよいブッシュ樹形で鉢植えで色々な場所で楽しめます。

香りのよい花は雨にも強くて長く楽しめます。

DCS_2495

 

 

「プルノ・ペルプワン」

最近はカタログから外れていますが、独特の花色ときれいなカップ咲きの花は他とは少し違った印象です。

DCS_2567

 

「ラデュレ」

マカロン?を思わせる花。

フルーツとローズの香りが美味しそうな雰囲気をさらに強めてくれます。

大きく成長するのでフェンスやアーチなどで楽しむと花も香りも顔のそばで楽しめます。

2~3年経つと秋にもよく返り咲きます。

DCS_2579

 

こちらも初心者におススメの作りやすいクレマチス。

「エンテル」花もちが長い白いクレマチスは花期、花色ともにバラとよく合います。

新枝咲きなので、花後にはバラに絡まっている枝を切り取ってバラに日が当たるようにしましょう。

DCS_2479

スポンサーサイト
  1. 2016/06/09(木) 17:13:01|
  2. バラ