まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

7・8月は定休日が変わります。

7月と8月は定休日が変わります。

毎週水曜日と木曜日の二日間が連休で定休日です。

お間違えのないようによろしくお願いします。


「ジャクリーヌ・デュ・プレ」の二番花がきれいに咲き出しています。

まるで春のようです。

じっくりと時間をかけて作っていただきたいバラです。

とげは細かくて枝がしなやかなので扱い易いツルバラに出来ます。

もちろん小さく仕立てて楽しむことも出来ます。

DCS_2806

 

今からでも十分楽しめる開花株。

河本ローズ「ブリリアント」

茜色に咲く、花もち良くて雨にも強い丈夫なバラです。

切り花でも楽しめます。

DSC_0014

 

やや直立気味に伸びるので花壇でも草花の後ろに咲かせるとよいでしょう。

DCS_2798

 

「ミルフィーユ」

白ベースにほんのりと淡いピンクが気ままにのります。

季節や気温でのり具合が変わるので楽しみです。

もちろん花もちもよくて長く楽しめます。

切れ目なしに咲く四季咲き性です。

DCS_0298

 

棘の少ない枝はとてもしなやかで女性的。

淡い緑色の葉も花にとてもよく合います。

DCS_2800

 

デルバールの「ラ・パリジェンヌ」

もう説明の必要もないくらいの人気品種です。

細い枝からもいつも咲いている四季咲き性です。

甘い香りも漂うオレンジとイエローが混ざりあう花は季節や気温で多彩に変化します。

黄色が強くでたりオレンジになったりと色々な花色が楽しめます。

DSC_0110

 

全くバラを育てたことの無い方でもおすすめできるとても作りやすい丈夫で病気にも強いバラです。

これからバラを始めようと思っていらっしゃる方には是非お勧めです。

DCS_2801

 

同じくデルバール「ミツコ」

四季咲き性大輪の豪華な花は縁取りにピンクがはいります。

気温によって濃くなったり、今はこのように品良くはいってます。

甘い香りも強くて切り花にして楽しめます。

PA140239

すらっと伸びるしっかりした枝の樹形は鉢植えでも庭でも楽しめます。

DCS_2803

 

秋にもよく咲くオールドローズ、ブルボンという系統です。

「マダム・ピエール・オディエ」

品のあるこれ以上優しいピンクはないと思うくらいのカップ咲きです。

このように低めのフェンスなどに誘引するとよく似合います。

華奢な枝先に咲くカップはやや首を傾げたように咲きます。

DSC_5036

葉も浅めの緑色でマット。

細い枝にもよく咲きます。

DCS_2808

 

今夜もしっかりと雨が降るようです。

雨の降った後に天気がよくなる時は葉や花についた水滴を枝をゆすって落としておきましょう。

そうすることで花に水が溜まってカビが出たり、葉焼けなどを防止することが出来ます。

少し手をかけるだけで解決できる問題はいくつもあります。

スポンサーサイト
  1. 2016/06/22(水) 17:48:38|
  2. バラ